フィンランド教育といじめと心のしくみ

先日心理セラピスト養成講座で一緒に学んだお友達がFacebookでマイケル・ムーア監督のフィンランド教育に関する動画をシェアしていました。
いつも素敵なシェアをありがとうございます。

動画を拝見して、日本の教育と大分違っていて大変驚きました。
宿題を出さずに、遊ぶ時間を充実させていたり、授業時間が週20時間だって。
椅子に座って教科書で学んできた私の時代とは大違い。

接骨院に来る学生さんは重い教科書を背負って来ます。
学校以外でもほとんどの子が塾通い。
学校の先生とお話すると、重圧が高く大変そう。
フィンランドでは子どもたちも先生も楽しそうでした。
「学校は幸せをみつけるところ」だそうです。
日本の教育もこんな風になること望みますね。
ぜひ、ご覧ください。
https://youtu.be/qK20_-MDJYc


この動画をみてから、別のフィンランド教育を拝見したところ。
なんと、フィンランドでもいじめがあるらしい。
これには少し驚きました。
3年前の動画なので今は定かではありませんが、
子どもたちのやりたい気持ちを優先させのびのびと教育していても、
いじめはあるんですね。

https://youtu.be/iqG4fSLnUkQ


おさかな博士で有名な「さかなクン」のいじめの話も思い出しました。
https://www.asahi.com/articles/ASH8Z517SH8ZUEHF00D.html

さかなくんの話から予測すると生物の本能として、
いじめは生態系の中に組み込まれたものなのかもしれません。

フィンランドのいじめ対策はインターネットを使って、お互いの気持ちをシュミレーションして客観視することで当事者でなくても傍観者としてどうするかということを考えるようでした。
こちらの対策で4割もいじめが減ったそう。
こういう取り組みも素晴らしいですね。

心理セラピストとしてはもうひと押し。
外側の世界で起きていることを、自分の内側ではどう感じているのか気づくという習慣を身につけて欲しいです。感情を十分に感じてもらいケアの仕方があること。同時にそれは自分のフィルターを通して外側をみている投影であることを伝えたいですね。心のしくみに脳の働きも加えて世界の共通認識になったら嬉しいです。

子どものうちからこのような教育があったらいいですね。
心のしくみを学び、自分自身を大切にする。
相手のことも理解・尊重できる。
それが世界平和につながる一歩であることを信じています。

一人でも多くの方に心のしくみを知って欲しいです。
子どもを育てる大人にも学んで欲しいです。
欲を言えば、生きてる人全員に(笑)
それを伝えていく講座を今後検討しておりますので、
その時はぜひ一緒に学びましょう。

それから、「脳を休ませることは大切だ」とフィンランドの先生話してましたね。
大人も同じ。
積極的に休ませましょう。

悲しみから歓びにつなげよう

昨日8月6日は広島に原爆が投下された、とても悲しい日。
犠牲に合われた方々のご冥福をお祈りいたします。

戦争は今の幸せが人々の犠牲の上にあることに気づかされます。
幸せを求めるあまりに、人が人の命を奪う恐ろしい行為。
それにまつわる家族の思いがTVで流れておりました。
私がみた映像は妹さんを亡くしたお兄さんのお話。
妹さんの日記を紹介するお兄さん。
お兄さんの無事を祈ることが記されていて、
二人の仲の良さが伝わってきます。


一方で昨夜来た女性の患者さんは、
20年も飼ってた猫が先週亡くなり
寿命だとわかっていてもこんなに悲しいもんなんですねと寂しそう。
いつもの笑顔は少なくて、生前のかわいいその子の写真をみせてくれました。

人、ペット、戦争、寿命にとらわれることなく
私はどちらの方の気持ちも、とても共感できます。
こんなにも悲しくなるほど、人を愛したペットを愛した。
愛おしく思える存在があった。
愛し愛され、幸せな関係だったと思います。

点でみると悲しい出来事なのですが、
この悲しみがあること、経験があることで人はまたよりいっそう生命に優しくなれるのではないでしょうか。

この悲しみを原動力に。

人の心に厚みがでるんだと思います。

TVで拝見したお兄さんは、高齢の方で広島平和記念館資料館で戦争の悲惨さを次の世代へ 語りつぐお仕事をされているそうです。

ペットの飼い主さんは、又猫を飼おうかなと迷っている様子でした。

それぞれが、それぞれの体験を通して湧いてくるエネルギーを受容、別のエネルギーに変容して生きていくんだと思います。

愛は時に厳しく、優しく、切なく残酷だったり、慈愛に満ちていたりあらゆる要素を含んでいます。

感情を味わうことで、その感情に振り回されることなく歓びにつなげて生きたいですね。



子どもが教えてくれること②

先週のブログで紹介した男の子の動画です。
NHKで私が見た動画とは違いますが、
多分この子です。
有名なお子さんなんですね。

白バイがリアルで、カッコイイ(笑)
警察官もとても嬉しそう。

前回の記事でも少し触れましたが、この自分自身が好きとか心地いいとかリラックスしているとかワクワクする、楽しいなどのポジティブな感覚は自分を癒す中でとても、とても大切な感覚です。

私自身が陥ったことなのですが、ある程度ワークが進んでいくと知らず知らず癒されつつも苦しくなる時期がありました。
いつの間にか、あれも癒そうこれも癒さねばとワークネタを探しつつある意味自分のダメなところ探しになっていたようです。
あれ、おかしい。苦しいけど(笑)

そんな時、自分がどうありたいのか自分軸の視点、
自分のわくわくや好きの感覚に焦点を当てた思考、
宇宙的な視点をとり入れることで軌道修正されました。
そういう学びを深めるセミナーに参加したり動画をみたりブログを読んだりしました。
ポジ・ネガ両方の観点が生きていく上でとても大切なことを実感しました。
ちょっと目を離すと、シリアスさんオンリーになりがちな私です。

セッションではついつい、ネガティブに視点を当てていくので重苦しくなりがち。もちろん個人差もあります。
真面目な方ほど陥る傾向が強いかもしれません。

参考までに身体の施術でも、早く良くなる方の傾向として楽になった個所に意識を向けている方ほど回復が早いように感じます。

セッションでは、重たい感覚を感じながらも良い感覚にも意識を向け進めていきますね。
それから、クライエントさんも日常の中で自分の好きなものや、楽しいこと探しをして良い感覚を感じることをオススメします。

自分の好きな感覚、嫌な感覚。
それを知っているのはあなたです。

神様だって宇宙だって知らないです。
自分の中にアンテナを張って生きましょう。

ピコピコ

 

子どもが教えてくれること

今朝、NHKをみていると海外の動画投稿で4,5歳くらいの男の子がお年寄りの施設に警察官の格好でミニパト(上半身がでる子どもの乗り物)に乗って登場。お年寄り一人一人にハグする様子が流れていました。
何て、微笑ましい。
純粋にその子は、警察官が好きみたいでそこにいる方たちにハグする姿がかわいかったです。
みんな笑顔。
定期的に行くらしいです。
こういう投稿いいですね。

私の職場では院長先生のお孫さんがよく遊びに来てくれます。
最近は、1歳も過ぎ歩き始めました。
よちよちと。
とってもかわいいのね~
家族も患者さんも、その場にいる人みんな歩くだけで拍手。
本人も満足げ。
子どものパワーすごい。
ただ居るだけで癒されます。

子どもは光の存在というけれど、実感しますね。
この和むとかリラックスする楽しいという感覚大切にしたいです。

どうしても悩みを抱えてしまうと、重たいエネルギーになりがちです。
警察官の子どものように無邪気で純粋な気持ち忘れたくないですね。
そして、そのまま行動していることも素晴らしいし両親も理解とユーモアがあって最高。
大切なこと教えてもらった気がします。



それから、小さな子どもは身体の使い方も先生なんです。
上手に足指を使って立ちます。
慢性的な腰痛の方は、足指を使えてない方が多いです。
フェルデンクライスでも、寝た状態から子どもが歩き出すまでの工程は身体の使い方のお手本とされております。
身体の歪みも立ち上がる工程で、治していく動作につながります。

ぜひ、こちらも観察してみてくださいね。

当たり前の幸せの中にある思いに気づこう

先日給湯器が壊れて、自宅のお風呂が使えなくなりました。
震災以来の出来事です。
車で近くの銭湯まで行きお風呂に入れる幸せをかみしめました。
温泉に入るなら源泉かけ流しにこだわる私ですが、
そんな贅沢は言ってられません。
普段鼻につく塩素の臭いさえ、清潔感が保たれていいものだと解釈が変わります。
蛇口を捻ると温かいお湯が出て身体を洗い、お湯に浸かれる幸せ。
日々便利な生活をしていると 当たり前にしていることが、
自分の感覚を麻痺させているなぁと改めて気づかされました。
自ずと水さえも、コマ目に出して使いました。

この当たり前のことほど、自分が見逃していること多いなと思います。
人間関係で不満に感じている人を通して、ワークしますが誰かを批判している時は自分の中にわかって欲しい、認めてほしい満たされていない欲求が隠れています。
表向きは相手を批判しながら、自分の心の奥底にはわかって欲しい本音があるのです。

例えば、旦那さんが料理を黙って食べる。
料理を作った奥様は「何か言ってよ」と、でも奥様の本音は「忙しいなか作ったのに何も言ってくれない。私のこと、なんだと思っているの。どうでもいいんだ、寂しいな」など。
そのように自分の心の中を見つめていきます。

最近ワークしていてこの、文句を言える幸せっていいなと思えるようになってきました。
平和な暮らしが当たり前にあるからこそ、文句もでるんですよね。

こちらの解釈で相手に対して文句を言えて気づきを得られる。
そして自己愛が高まって、スッキリいい感じになるってね。
ありがたいです。
相手がいるからこそ教えてもらえる気づき。

私の勤め先では、お話を伺いながら施術するのですが結婚願望がありパートナーを探している方、片や結婚していてパートナーの悪口を言ってる方。
面白いですよね。
パートナー探しをしている人にとっては、パートナーの悪口は自慢話ですよね。
でも人それぞれなので、何を言うのかは自由。
個別に思いがあって当然だと思います。
でも視点を変えると自分の幸せには当たり前すぎて気づいていなかったりするものなんですよね。

自分の心を知ると、自分にやさしくなれて人にも優しくなれるみたいです(笑)
だからって、心穏やかニコニコをキープしているわけではないですよ。
私も時間かかりましたが、こんな風に思えるようになりました。
成長を感じます。

いつもの場所、過ごす人は変わらないのに自分の心が変わると・・・

本当に世界は自分で創っているということがわかりますよ。



 

だんだん、不真面目になっている?

こんにちは。
いつも記事をお読みいただきありがとうございます。

私自身もセッションを受けて、変化していますシリーズを今日も一つ。

いつ頃からなのか思い出せませんが段々、不真面目になっております(笑)

だいたい、真面目とは何でしょうね?
人によって概念は違うし、シーンによっても使い分けがでてきますね。

私の概念は、
言われたことをきちんとやる。
約束は守る。
責任をもつなどでしょうか。
誠実で任せられる信頼できるイメージですね。
でも一方では、融通がきかないお堅いイメージもあります。

子どものころにいつの間にか、「良い子=真面目でなければならない」
というルールを身につけていたんです。
道徳的な人を目指してましたので。
怒られないよう自分を抑えて、合わせて我慢していたという感じですかね。

愛を獲得するための承認欲求というヤツです。

セッションを重ねていくと、まぁ自分が緩んでいくんですよ。
思考が緩むと、身体も緩むんですよね。
真面目じゃないから真面目を目指していたんじゃないかなと気づきましたよ。


生まれて間もない真面目な赤ちゃんはいませんよね。
これも成長の過程で身につけた価値観ですね。
資質として備え持った性格や、社会でみんなと円滑にやっていくためにはそれも必要なことなんですが自分がその思いを持っていて窮屈ならみてみるのは自分の心。
当たり前のことほど、自分と同化していて気づきにくい価値観なので要注意です。

いつの間にか正義を貫くみたいになって自分が苦しかったり、
真面目にやってないように見える相手を責めたり。

勿論、私も自分の役割や状況により真面目にやっております。
以前と比べると、余計な力みが抜けて楽になってきました。

ただ、気をつけないとすぐに深刻になりやすいです。
すぐ、シリアスさんが顔を出します。
そうなると「ねばならない」も顔を出してくるので、
窮屈な私が舞い戻る。

まあ、心のことを学んでも色んな私がいて時と場合
状況によってお天気のごとく心模様も忙しいものです。
それを繰り返しながら、自分育てをしている感じです。

肩こりや腰痛が辛い方にも、時には心の面から自分をケアするご提案をします。
人様の体に触れているとわかります。
身体はあなたを物語ってくれてますよ。
それに気が付いてあげて下さいね。

 

「とりあえず、やってみる」が増えた

続きになりますが、私自身がセッションを受けて変わったことの一つに
以前より行動的になりました。

「とりあえず、やってみる」が増えました。
頭の中で、想像する→無理だな→やらないが 、
「とりあえず、やってみる」に変化。
小さいことなら「とりあえず」連絡だけしてみよう、
ここだけ掃除しておこう、行くだけいくかなど。

それに伴い、頭に浮かんでくる悩みの内容にも変化が。
あんなに過去に囚われていたのに、その思いは癒され自然と解放されて
より 現実的な悩みに変化しつつあります。

自分の「どうしたい」という気持ち、
それをするための、より具体的な行動への作戦。


「この思いを抱えているの嫌だから、
無理かもしれないけれど思い切って話してみよう」など。
思う→行動につながる。
その思いの通りに行動すると、身体感覚が軽くなります。

地に足ついて生きていくとは、こういうことなんですね。

凄いです、自分を大切にするって。
自分に嘘はつけなくなる。


そこで、ご報告です。
なんだかじっとしていられなくなってしまい、
ワークショップを開催することにしました。

内容はボディーワークのフェルデンクライスと、
心理セラピスト・星野万里子さんのワークと
ジョージさんの癒しの楽器・ソウルサウンドライアー の3コラボです。
私の好きを集めました。

この3つのワークについての詳しいことは改めて書きますね。

普段のおじゃべりな思考から離れて、
わたしに還る静かなひと時を体験していただけると思います。

私の初企画、初主催。
司会進行もしたことないので、私にとってはチャレンジです。
皆さんのお力を借りての挑戦になります。

ピンときた方はぜひ来て欲しいです。

ちょっと先になりますが、11月の休日の予定です。
詳しいことが決まりましたら、ご報告させていただきますね。

「あなたの中のLiveを感じてみよう」

かっこつけたけど、ただただリラックスしましょう~

みんなでゴロゴロWS開催します

では、また~

月々の生命保険とセラピー

自分自身がセッションを受けるようになって変わってきたことは沢山ある。
他の人が私をみてもわからないと思うけど、自覚がある。

こんな風に自分のことを発信していることも、そのひとつ。
セラピーを受ける前までは、人の影に隠れて生きてきたように感じる(笑)
人に合わせて生きて、文句を言ってた方が楽だったのだ。
でも、人に合わせるのは疲れる。
だって自分の意見があるから。
それを自分に我慢させるから。
発言するなら、自分で責任を持たなければいけなくなる。
直接なんて話せない、嫌われるもの。
嫌われたら、私を助けてくれる人はいないのだ。

そんな思いがあったこともセラピーで気づいた。

こう書いてしまうと、言われっぱなしの我慢の人だったの?
と言われれば、そうは見えない方です(笑)
そう見えない私の中にも、そういったところがありました。

そこには悪い人も、悪い自分もいなかった。
慈愛がいつも、ともにあった。

それらの我慢していた思いが、言葉を通さずに身体に溜まる。

ちらかった部屋の状態と一緒。
「あなたの心の状態が、部屋の状態」と聞くけれど本当にそう。
ちらかっているのは、私のこころなのだ。

きれいな部屋でさえ、お掃除しなければホコリがたまる。

メンテナンスが必要になる。

セッションを受けるとマッサージされたように、体が緩む。
そして、心が軽くなる。
面白い。

月々・ 生命保険をかけるのも大切だけど、
心の健康度をあげることに時間とお金を費やすのは悪くない。
この選択は、心身ともに健康的に生きていけるはず。
多分、たとえ病気を抱えてても自分の気持ちを理解できることで不安に飲み込まれないでいられる。
そして心の健康度があがれば、もっと本質のわたしの声とひとつになれる。
自分の軸が太くなる。
そんな世界があった。
わたしの「やりたい・好き」が増えていく


お義母さん心理セラピー始めます

昨日は夫と私の実家へ行きました。
ランチは夫の両親と震災後、新しくなった新地駅のそばに最近できたホテルに
併設された温泉施設へ。
今回は食事をするだけでしたが、最新のシステムに驚きました。
入場から注文や清算まで電子システムが導入され
年配の方は慣れるまで大変そう。
時代の流れを感じますね。

それはさておき、お義母さんと珍しく二人きりで車で移動することになり
何気ないお義母さんの話から心理セラピーを薦めることに。

「お義母さん、その話大切な自分の気持ちだから我慢しない方がいいよ。
心理セラピーは病気になった人だけが受けるものではないし、プロに話すのは茶飲み話とも違うから。気持ちの整理にもつながるから旅行に行ったり美味しいもの食べて楽しむのと同じように時間とお金を使ってみたら」と。

そしたらお義母さん、「受けてみようかしら」と。
あれ?なんかとってもスムーズ
ちなみにお義母さんは78歳。
終活されているのか家の中や身の回りを整理し始めている様子。
もちろん私は家族なので心理セラピストさんを紹介します。

心理セラピーを受けること学ぶことに年齢は関係ありません。
心の終活にもつながるはず。
私だって死ぬ前に、念を残したくないです。
素敵な選択をしたお義母さんにエールを送りたいです。

お義母さんはオンラインはちょっと無理ということで、
電話で受けることに。
耳が少し遠くなり心配な点はありますが、
福島で同じ活動されていて安心フォールド感の高い
心理セラピスト・星野万里子さんを紹介しました。
お義母さんは真面目な人で、優しい人。
どんな世界が開いていくのか、心理セラピーの面白さを知っている私は楽しみです。
お義母さんが私の話に耳を傾けてくれたことも嬉しかったです。

さまざまな価値観がいつの間にか私たちに染みついて、
苦しみの元になっていたり。気持ちを抑圧(我慢)させていたり。
ただ、自分の心の声に気づく、感じるを自分で知る体験する。
ただ、それだけのこと。

心理セラピーも時代の流れに伴い、
年齢や条件をともなわず誰でも当たり前~
の日本になって欲しいです。
私もその一役を担えることは嬉しいです。

電気グループの

私の独り言。

ピエール瀧さんが仮釈放された姿を録画してた「ワイドなショー」でみた。
スーツ姿で深々と頭を下げていた。
いつものイメージとかけ離れた、役割を脱いだ年相応の普通の人。

ポンキッキからのイメージでいい役者さんだと思ってた。
何でもかんでも病気という呼び方をするのは好きではないけれど、
これも病気みたいなものなんだろうなと思う。
病気までいかなくても依存症。
程度の差はあれ買い物・酒・ギャンブル依存症と変わりない。

病気と捉えた時、「病気にかかってごめんなさい」とは謝らない。
むしろ気の毒がられたりする。

「皆さんにご迷惑をかけて申し訳ございません」の謝罪。

止めたくても止められない、日常になっていたのだろう。
何かから逃げる手段の一つだったのかもしれない。

こんな時は、潜在意識にはたらきかけるカウンセリングやセラピーを受けて
愛に気づいて自分を取り戻してほしいなと思う。