コンテンポラリー風水で家のエネルギーを整える

こんにちは~

身体と心とゆるめるセラピーunlearnのブログへ
お越しいただき、ありがとうございます。

9月もすでに9日
すっかり秋モード。
鈴虫の演奏会が連日賑やかです。
ブログの投稿も久しぶりです。

その間、私は自分のやりたいこと中心に心赴くまま
エネルギーを注いで過ごしておりました。

今日は私が夢中になってエネルギーを注いでいることの一つ
お片付けについて書きます。


みなさんもお片付けや断捨離されると思いますが、
「コンテンポラリー風水」ってご存じですか?

住んでる家を9分割に分けて、それぞれのエリアに目的があり
エネルギーバランスを整えていく風水術です。
5年前くらいになりますか私も「コンテンポラリー風水」の発案者・
カナダ人マークさんの講座を東京で受けたことがあります。


コンテンポラリー風水は自然のエネルギーを家の中にも取り入れて、
人生を豊かにするエリア・健康に関するエリア・財産を豊かにするエリア・
愛を育むエリアなどそれぞれ9つの部屋の持つエネルギーバランス
を整える理論が好きです。

講座後、直せるところは直しましたが一人一人の住まいは違うので
それを実践できているのか疑問でした。

ずっと、このコンサルを受けるのが私の夢のひとつでした。
先月8月末にその夢が叶いました。

このコロナ禍のお陰なのです。
お願いするならこの方と決めていた
戸崎リカコさんのブログを久しぶりに拝見すると
オンライン対応されているではありませんか。

本当に嬉しかったです。

まぁ~、楽して成功を手に入れたい欲深さがあるんですね。


戸崎さんには前もって、私の家の図面と部屋の写真を送っておきます。
当日は2時間、みっちりzoomで一部屋ずつ部屋を映し移動しながら
アドバイスを受けました。

初めて会う方に、家の中をこんな形で見せるのは
何かとても不思議な感じがしましたがこの世の中、
もう可能なんですよ。
こんな日がくるなんて・・・


戸崎さんは、
現場にいなくても、zoom越しに指示して下さいます。
事前の準備が素晴らしいです。
本当に凄いと思いました。
全てが納得できる説明なのです。


コンサルを受けて気づいたことを3点ほど。

①戸崎さん「言いにくいのですが・・・」
「モノが多いですね」って。
とほほ。
何件もお宅拝見しているプロが言うのですから。

「そうなんだ・・・」
イワレテミレバ、多いかも。

猫のものも多いそう。
爪とぎやベッドなど、猫が生活しやすいように各部屋に置いてました。
キャットタワー、2つもあるうちは中々いないようです。(笑)

少し前には、段ボールの本棚と収納棚を買いました。
それが、部屋にマッチしていないそう。
時間をかけて悩んで購入、お金も使ってそれでモノが多いなんて。
本末転倒?
そんな残念な感じも味わいつつ
「人生はトライ&エラーの繰り返し」気持ちを切り替え頑張ります。

コンサル後も少しずつモノ減らしてます。


②お掃除グッズについて。
例えばコロコロ。
私的には猫の毛問題を解消すべく、これをすぐ様使えるように見えるところに
フックをかけて置いてました。
そしたら戸崎さんから、
フックかけすぎだそうです。(笑)
お掃除用品やゴミなどは目につかないところにしまう。
ゴミ箱も蓋つき(これは知ってて無視しちゃってました)を。
不浄なものは目のつかないところに置くということですね。
便利に暮らそうとしてました。


③装飾品を飾るときは、大切に丁寧に扱う。
例えば飾るものがあるなら、きちんと額に入れて飾る。
意図をもって「ここに置く」
「とりあえず」置いてるのはよくないそうです。
何度も、「加藤さん、どうしてここにこれを置いてるのですか?」と
訊ねられました。汗

自分のモノとの接し方は、現実世界に反映されていますから
気を付けないと。
耳の痛い話です。

本当に沢山、実践的なアドバイスをいただきました。
一つ、一つ理由がもっともです。
実践できることは直しています。
そうすると、モノや部屋が喜んでいるように感じます。

部屋を整えてスペースを広げる。
好きなモノに囲まれ気分よくいる。
それは心にも同期します。
波動調整にもなります。

そして、なりたい自分の姿を普段目にするもので意識させ
部屋をマップピングボードのように使い想像していくことも
可能なんですね。

私は創造するとしたらどんな世界を創っていきたいんだろう。
そんなことを問われている気がします。
意識していきますね。

ともすれば、戸崎さんからのアドバイスを完璧にこなしたくなりますが、
一緒に住む夫の意見も尊重しつつ負担にならない範囲で直して
いきます。
毎日過ごす家だからこそ、ともに一緒に心地よくいたいです。
これも、エネルギーが整うと現実に影響はあるのか?
実験を兼ねて、遊びながら楽しみたいと思います。


今回、専門家の力を借りることで視点が広がりました。
部屋を整えることも自分の思考の世界。
思い込みや同化が当たり前。

Aタイプの部屋しかできないと思っていたけどBタイプも可能。
如何いたしましょう。

さてBにするにはどうしたらいいだろうと思考が働きだします。
すると、ちゃんと「これ使ってないから処分して
スペースを作りBにできる」に変化します。

今回、片付けをしながら思うことは
『片付けは、(モノにまつわる思い出や執着と)かたをつけることなんだと思いました。ヤクザさん的な意味で。
それなりの覚悟ですね。(笑)
もう使っていない、過去のエネルギーとお別れなのです。
いつの間にか、奥に入って気づかなかったり
モノも増えていてびっくり。

部屋を整えることは心を整えることと同じだな~
その気づきが来たら手放すか置いておくか決めるのは私です。


後日、戸崎さんから更に当日の改善点が加えられた
メールをいただきました。
クライアントに寄り添う気持ちが真剣で、
お願いして本当に良かったです。

当日は初めて会った気がせず話しやすく、親しみを感じました。
コンサル中慣れないこともあり正直疲れましたが、心地いい疲れです。
またの機会によろしくお願いいたします。



コンテンポラリー風水については、
テンプル・ビューテイフルさんのこの記事
わかりやすくてとても好きです。

ぜひ、読んでみてください。

P.S
私がお世話になった、コンテンポラリー風水
コンサルの戸崎リカコさんHP
年内は多くの方にコンテンポラリー風水のすばらしさを 
体験していただけるよう破格のお値段でコンサルして下さってます。
お値段以上の価値あるコンサル内容です。
詳しいことは、HPをご覧ください。
家のエネルギーを整える世界におススメいたします。

戸崎さんに、心よりお礼申し上げます。



 

愛しい「人生図書館」

こんにちは~

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
身体と心をゆるめる心理セラピーUNLEARNです。

仙台も昨日からぐっと冷え込んで肌寒くなりました。

今日から私も盆休みです。
お掃除しながらお片付けをしました。

思い立った時に、定期的に断捨離をしますが本棚のある部屋は
中々片付きませんね。

本は色んなこと教えてくれますので、増える一方で中々手放せません。
ついつい、まぁ~いいかで済ませてしまいます。

本がらみから、今日はリソースについて思うこと書いてみます。

皆さんは「リソース」という言葉を聞いたことはありますか?
以前もこのブログで書いてますが、
心のことを学ぶようになって益々意識するようになりました。

よくエイブラハムさんなども
瞑想などで「ソースに還る」と聞きますね。
その「ソース」って源とか資源とかいう意味らしいのです。

そこに「リ」が付くと「リ・ボーン」などの生まれ変わる・
再生などの意味になります。

「リ・ソース」も「大元に還る」=「本来のわたし」
みたいな意味になるのだと思います。


私のざっくり解釈です。

なので「リ・ソース」ってきっと「大元のわたし」と個の「私」が
共鳴していて心惹かれるものでこれをしている、その中にいる、傍にあるなど
心地よい自分でいられる「モノ・者・物」や「こと」や「場所」
なのだと思います。

好きなモノに、癒されるということですね。

落ち込んだり、やる気が起きない時など気持ちの切り替えに
身心を整える自己調整に役立ってくれます。

波動を整えることにもつながります。

なのでリソースになるものが沢山あると
本来のリラックスした自分に戻れるアイテムが多いことになりますね。

人生という旅を生きやすくしてくれるでしょう。


私の周りを観察してみると、自分の好きなものがハッキリしている
人ほど何やら楽しそうです。
好きなモノに意識が向きやすいわけですから、そうなりますよね。

みなさんも、心が下がりぎみのときリセットアイテムとして活用しましょう。

肝心な時忘れちゃうから、メモしたり普段から意識していてね。


私はこのブログに自分のリソースになるものを載せるようにしています。
当たり前のことほど、気づかないで同化して忘れちゃうのでね。

本は大切なリソースの一つです。


今日は本がらみで、もう一つ本を愛する友だちの紹介をさせてください。
東京で一年間・心理セラピストの学びをともにした大阪のKさんです。

会社勤めをしながら、「人生図書館」の館長をしている
彼女の様子がテレビに取り上げられました。

この図書館は、彼女が発案者で勤め先の会社に掛け合い
自社ビルの一角に作りもう12年くらい経ちます。

ロゴも超有名なプロに頼んでいて、とてもかわいいです。
私もこのロゴ好きです。

この図書館に来られる方々が本と向き合う大切な自分の時間を
過ごして欲しいという想いからつくったそうです。


私も一度お邪魔させていただきましたが、
茶室に通されるような造りの畳の部屋。
綺麗に整えられた空間には寄贈者からの想いの詰まったメッセージ付きで、
丁寧に取り扱われた本たちが並んでいました。

とても心地よい空間です。

彼女は当時40代後半で自腹を切って夢を実現しました。

相当なパワーの持ち主です。



放送された内容をユーチューブで拝見しました。

彼女の日常が垣間見えて、笑ったり利用される方々のエピソードを
微笑ましく感じたり涙したりしました。

人が安心して集まれる、空間の提供ってとても大切なこと。

Kさんの情熱がカタチになって、この場と本を通じて誰かと誰かが
つながって次につながる。
「恩送り」の世界です。

喜びからの行動ってすごくいい波動を呼びますね。

VTRからもそれが伝わってきました。


ユーチューブでぜひご覧ください。
ブログも面白いです。
館長のリソースや心模様、楽しませていただいてます。

ぜひ、のぞいてみてください。

離れていても、いつも気にかけてくれるKさんに感謝。
ありがとうございます。


 

「人生とは時間をかけて私を愛する旅」BY フジコ

カラダと心をゆるめるカウンセリング&セラピー
unlearnのブログにお越しいただきありがとうございます。

連日オリンピックで大盛り上がりですね。
ついついチャンネル回しに忙しいです。
選手の方たちって、私とは別の世界で別の時間を過ごしているように
見えてしまいます。

同じ人間とは思えない技や体力、集中力・判断力。
自分の可能性にチャレンジしてシンプルに「勝つこと」に意識が向いていて
純粋な世界にみえます。

でも、試合までの練習の日々があそこに一瞬にして現われているんですよね。
どんな世界もそうだと思いますが。


好きなことをしていく世界の中にも、
大変な練習をこなし次の世界を広げてきたのかな~なんて思っております。

水谷選手と伊藤美誠選手を例にあげると、
11歳離れていて一緒に練習していたそうな。
最初は多分あこがれの人がいてあんなふうに強くなりたい。
それでどんどん強くなり段々自分の思いどうりに試合を運んでいく。

人が生きていく様と同じなんだな~
そんな風にみておりました。

選手の皆さん、熱いエネルギーをありがとうございます。
引き続き、テレビで応援させていただきます。


今日はまた一つ素敵な言葉に出会いましたので、
書き残しておきますね。

先日ネットフリックスで『フジコ・ヘミングの時間』という
ドキュメンタリー映画をみました。

フジコさんは「ラ・カンパネラ♪」で有名なピアニストさん。

良かった~

フジコさんの日常なんだけど。
彼女の愛するモノ・者・事が詰まった時間のお話。

お部屋にしても、ペットやお友達と過ごすときもナチュラル。
着ているものも、フジコさんらしくて似合っています。
彼女の演奏の音色から人柄が伝わってきますね。

フジコさん、耳が悪いことなんか私すっかり忘れていました。
年齢調べたら現在88歳ですって。
現役でオーケストラの方々と演奏されたり、リサイタルされたり。
すてきすぎる魔女の粋

自分の愛するものに囲まれ溢れていて、憧れました。
今でもピアノは毎日、4時間練習されるそうです。

こんな風に、素敵に歳を重ねていけたらサイコー。

弟さんも出てくるんだけど、面白い方で
二人のやり取りが明るくて笑えます。

そんなお二人は、幼少の頃お父様が途中で国に帰国
その後連絡が途絶えてしまいます。
とても厳しくお母様に育てられたそうです。

様々な困難に出会い、トラウマを乗り越えてきたことが伺えました。

そんなフジコさんだからこそ今があり、心打つ音色なんだと思います。
心から尊敬いたします。

映画の冒頭に
「人生とは時間をかけて私を愛する旅」とテロップが入ります。
多分、フジコさんの言葉なのかな。

心のこと学ぶようになってから、ほんとにこれだから。

私は「愛しい」わたしのために生まれてきたのだ。
愛って慈愛ね。
条件がないんだよ。
すごいよね。
私は条件だらけです。(笑)

では、夏らしい暑い日々ですが乗り切りましょう。

魂のマイナンバー?

unlearnのブログにお越しいただきありがとうございます。 

連日暑い日が続いておりますが、みなさん体調はいかがでしょうか?

今日は今月から学び始めた、魂のアカシックレコードともいわれている
ヘリオセントリック占星術について書いてみます。

よくね、私たちは誕生日を自分で決めて生まれてきてると聞きませんか?
最近テレビでも占い番組やってますが感心するほど本人の性格や経験が当てられていますね~すごいです。
こんな風に自分の道って、決められているのでしょうか?



ホロスコープは統計学の世界、自分の生年月日や生まれた時間、
場所を入力するとそのデーターがみれます。
それがその魂の住所みたいなものらしい。

ホロスコープにもいくつか種類がありますが、その中の一つ
ヘリオセントリック占星術 に私のアンテナが反応しました。


「ヘリオセントリック占星術」 聞いたことありますか?

ボイジャータロットの時みたいに直感が働き、
ナオミそれやるよって、お知らせがきました。(笑)


私は心のことを学ぶようになってからよりホロスコープに興味が
湧いてきて遂にタイミングが来たようです。

毎回ブログを楽しみにしている、ある方がこの占星術
を教えてくれるということで強く興味を掻き立てられチャレンジ。


一般に多くの方が親しんでいる星読みは地球を中心に
ホロスコープが描かれているジオセントリック占星術と呼ばれています。
ジオの方は、地球に住んでいる「個である私」の視点での星読み。
牡羊座ならこんな資質を持ってるねみたいな。


一方ヘリオは太陽を中心にホロスコープが描かれている全体の視点。
ヘリオは太陽を中心にその周りを公転する惑星
(水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星)の配置を読んでいきます。

太陽~冥王星までの惑星すべてを包括した存在が「わたし」、
身体で生きる人間はその縮図として地球を生きている。

この太陽系全体が「わたし」という大きな視点から読み解く星読みは
「個の私」にとどまらず自分と他人を比較することもなく、
幸不幸、良い悪いのジャッジもなく「統合された観点」で
自分自身の創造性を高めて、より積極的な人生をつくることに働く星読みです。

※「spaceships TERRA」のテキストから要約抜粋させていただきました。
詳しいことはグーグル先生でお調べ下さいね。


もう、出てくるワードが私の好物ばかり。
作家でもある山元加津子さんの世界観や、
溝口あゆかさんから学んできたインテグレイテッド心理学。
ボデイワーク・フェルデンクライス。
神経系の働き・ポリベーガル理論もその時、
最善の選択をして私たちは生き延びている。

「全体のわたし」の中の 「個の私」との融合。
「空と色」が同時にある世界。
いつも離れたことはない。


ヘリオは宇宙から地球を見下ろす視点なので、
地球で何をしているのかが明確になる自分の使命に気づきやすい
勇気を与えてくれる星読みです。
ちなみにジオは地球から宇宙を見上げる視点です。

また、星読みでありながら「感じる」をすごく大事にするところも魅力の一つ。

この前の講座で、よく好きなことをしましょうというけれど、
見つけるよりも先ずは不快な感覚をはらっていく方が
簡単だよという話がありました。

そうかもしれません。

不快な感覚が「ある」のだから、
それに気づく⇒対応するということですね。
深呼吸でもいいし、掃除でもいいしなんでも。


なんか学んできたことと共通点がたくさん。




9月までオンラインで学び、自分の星読みができるようになる予定。
遊び道具が増えた感じで楽しいです。
また、ナビゲーターのお二人が明るくて言葉のチョイスがイイ。
説明がわかりやすく知識のない私にも理解が深まります。
すぐ忘れちゃうけど。
実際このお二方のプロフィールを拝見すると、
興味や学んだことが似ていて、
このヘリオに辿り着いたみたいです。
そんな二人から学べてとっても嬉しい。

心理セラピストの学びを通じても・セラピストさんや仲間。
ほんとうに素敵な方たちに出会えています。
ありがたいです。



占星術と心理セラピー。
探究好きの私は、ここで心理セラピストがすることは何か?と問うと。
『傷ついた心を癒し 、回復力をつけること 』

ボイジャータロットで気づきましたが、魂のやりたいことがわかっていても
人として生きているので感情や体感を伴う怖れがあると変化につながりません。
これは頭の解釈と細胞で感じている恐れは、リアル度が雲泥の差。
体感で大丈夫を腑に落とせないと、行動できないようです。

私自身がそうです。

「0・1」の間の言語化されていない世界に、
プログラミングされているのかもしれません。


人にもよりますし、この考えが変わる日もあるかもしれません。
だから「あの人みたいになりたい」という思いはあっても
「思いだけではなれない」
私には私のクリアしていく課題みたいなものがあるようです。
私も実験中で、今のところそう思います。


まだ始まったばかりのヘリオ。
いつか、心理セッションにこの視点を加えてより楽しく
クライアントさんの魂を導けたらなと希望が湧いてきています。

私が必ず大切にしていることは「クライアントさんの気づきと体感です」
主役は常に「あなた」

一緒にエネルギー軽くしていきましょう。














河瀬直美監督「朝が来る」を観て

unlearnのブログにお越しいただきありがとうございます。

昨日から、梅雨明けした仙台です。
短い夏の始まりです。

昨日は、一人娘の愛猫・ぐりを病院へ連れて行きました。

水曜日に口の中が腫れていて「あれ?」と思ったら右の犬歯がありません。
木曜動物病院がお休みでしたので金曜に連れて行きました。

歯周病でとれたのかと思ったら獣医さん曰く、
根っこは残ってて折れてるよと。
まだ抜けるほど歯周病はひどい方ではないと。

わんにゃんの歯磨きって難しいですよね。

無くなったものは仕方ないと自分に言い聞かせつつも、
私の育て方が悪いんだろうな~
10歳だし加齢に伴い、死が近づいているんだな~とか
受け入れることがあって落ち込みます。
猫のことですがいつものことながら、元気がなくなっちゃう。


ぐりにとっては久しぶりの病院でした。
車の中では聞いたことない声で鳴いて、
肛門絞りをしてもらったら拷問を受けたみたいになって。
大変なダメージを受けて、帰りの車は過呼吸ぎみになり可哀そうでした。
これで心臓とまっちゃうんじゃないの?って。
夫も一緒で助かりました。

獣医さんで、往診専門で開業されてる方いないのかしら?
猫の飼い主さんならわかると思いますが、
猫を病院に連れて行くだけでも一苦労。
そして治療は大人しくしていないので大変です。
需要ありそうだけどな~



ぐりは帰宅後、機嫌を損ねて
「わたしたちを許さない」という視線を送ってきます。


でも、夕飯食べたら大好きなブラッシングのおねだりをされました。
「えらかったね~」よしよし。
どうやら気分は戻ったようです。

ぐり姉さんは目で表現してきます。
睨まれると怖いです。

口の中の炎症の経過をみつつまた病院へ連れていかねばなりません。

ぐりにレイキを送ってくれた心理セラピスト仲間の星野万里子さん、
ありがとうございます。

すっかり猫ブログですが、皆さんのわんにゃんライフは平和ですか?



では、やっとタイトルにいきます。

火曜日の夕方ふと、河瀬直美監督の「朝が来た」を観たくなり
ネットフリックスで観ました。

大まかなストーリーは不妊治療を諦め、養子を迎える夫婦と。
その夫婦が養子に迎える産みの母(少女)のお話です。

細かいことを上げたら「ここはどうなのよ」と
突っ込みたくなるシーンもありますが私はこの作品好きです。
心、もっていかれました。 
さすが河瀬監督。
名作「あん」を撮った方です。

同じ漢字の名前「直美」が誇らしい。

丁寧に丁寧に、心をすくいとるように役者さんのしぐさ・セリフ・風景・音楽ですべてを表現されています。

だからこそ、それが伝わりこんなにも心奪われるのだと思います。

映画を観た後この映画に関する記事を読み漁り、
主題歌を聴いて浸っております。

私も不妊治療を経験しておりますので、母役の永作博美さんに共感しつつ、
同じ女性としてなのか14歳で子どもを出産する蒔田彩珠ちゃんの気持ちが痛いほど伝わってきます。

これが私だったら・・・
これが投影(私のメガネで映し出す世界)ですけどね。


個人的には蒔田彩珠ちゃんのお母さんに
「もう少し娘の気持ちわかってやってよ」と強く言いたい。
このお母さんの価値観や時代もあるんだろうけど
まず、ひどい。


生まれてきた男の子「朝斗くん」が大人の心のキーを握り、
愛が広がっていくストーリーに捉えられます。

ネタばれになるので多くは語りませんが、
水がこぼれないように手をすくうイメージが湧いてきます。

飼い猫でさえ、こんなにも愛情深くなれるのです。
ましてや人となれば尚更かわいいはず。

それぞれの立場で、女性が描かれた作品ともいえます。

自分を生んでくれたお母さんを「救う」
いや、本当は誰もがお互いに救い、救われている関係なのでしょう。

「朝が来た」のではなく「朝が来る」良いこと悪いこと関係なく
朝はやって来る。
このたて糸のような変わらない自然のサイクル、
その中で人々は愛を探して、時に愛を与えて様々な人生を生き抜いている
そんな風に感じました。

傷ついた心を監督が丁寧に表現されていたように、
手のひらにたまった愛がこぼれ落ちないような
セッションをするセラピストでありたいなと思いました。


単なる投影丸出しの感想ですが、
ぜひご覧いただきたい映画です。

映画「朝が来る」

P.Sエンドロール最後までしっかり観てね。
ラストそこまで続いてるから。
見逃すな~

7月7日に寄せて

こんにちは

本日もunlearnのブログにお越しいただきありがとうございます。

今日は七夕、あいにくの雨ですがふと思ったこと書き残しておきます。


熱海の災害に合われた方のご冥福と、
安否確認できていない方の無事をお祈りいたします。


今朝のNHK朝ドラ「おかえりモネ」津波で亡くなった奥さんを思い返すシーンが昨日から続いていますがドラマとはいえ誰かが似たような思いを抱えたんだろうなと思うと泣いてしまいました。

大切な友達の役に立ちたいモネのお父さんの思い、
奥さんを亡くしたお友達のお父さん(浅野忠信さん)。
実際に体験していない者にしかわからない気持ちに差があって・・・

その人が体験した思いは共感はできても、その人にしかわからないです。

タイミングが来たとき、自分で立ち上がっていく
その時手を差し伸べる。
見守る方も辛いです。
そのタイミングってわからないもの。
時に、強制的な場合がいいこともあるのかもしれないし。


ま、それはさておき。


本日7月7日七夕です。


昨日は、心理セラピスト仲間のRさんとセッションの練習会をしました。
彼女は今熊本で作家さんの手作りの品物販売と
喫茶とランチを出すお店のオーナーさんです。
インスタを拝見したらフォロワーが今時女子たちでびっくり。
カラフルに目を楽しませてくれる、おいしそうなお料理が
UPされていました。
近くにあったら間違いなく絶対行く店です。
営業日は週4日ほどでコロナ禍でも、
予約が一杯でお断りするくらいなんですって。
彼女のインスタからもお客様に対する、丁寧な気持ちが伝ってきます。
新鮮野菜を使ってこだわりの栄養バランスが考慮されたお料理。
お腹も満たされる最高の癒しの空間ですね。

熊本遠い~行くこともないだろうと思っておりましたが
観光しながら行ってみたいです。

せっかく九州へ行くなら長崎の4次元パーラー
「あんでるせん」にも行きたい。
宮崎の高千穂峡も歩いてみたいです。


七夕なので願いを書いてみました。

彼女、30代に大病をしてこの仕事を初めて、
自分のやりたいお店のスタイルにするまで
10年・20年かけてここまできたそうです。
自分が提供したいことは数をこなすことではなく、
おひとりおひとりのお客様に喜んでいただくこと。


客様に接る気持ち、自分の気持ち、お店の空間も内も外も
いつも「より私の心が喜ぶ方」って選択してきたんですって。
あっぱれ。
贅沢に一人彼女の話を伺って、刺激されました。
彼女のエッセンスをいただきます。


私は今、施術の仕事がメインですがおひとりおひとりの
心にアプローチする体を使った心理セラピストの仕事を
もっとやっていきたいです。
少しずつエネルギーを注ぎたいことが変わってきています。

どのお仕事も最終的には人の役に立つことなのですが、
湧き上がる思いが変化しています。
その方が心と向き合い本来のその人らしい魂が、
望むあり方の応援をしていきたいです。


Rさんのお店のような空間で、五感を癒しながら
セッションできたら最高だろうな~と思いました。

私は、私の出来ることから始めていきますね。


その一つに新しいサイト作成しました。
私の不妊治療の経験を活かし
「不妊でお悩み」の方に向けた専門サイトです。

本日、七夕なんで決意表明も兼ねて
載せておきますね。

お時間ある方ご覧ください。

「不妊のお悩み専門♥心理カウンセリング&セラピー」unlearn







ニコの生きざま

おはようございます。

本日は晴天なり。
ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

梅雨の合間の気持ちいい、洗濯物が揺れ光まぶしいお天気です。

ニコのその後ですが、まだ手足を痒がるものの
首のところの皮膚の炎症はすっかりよくなりました。

ただ、4か所ほど大きな禿になって
痛々しい傷跡となりました。
思わず、禿がかくれるようブラッシング。
ニコ、がんばったね。
大げさではありますが、この傷が残ったけれど
ニコは無事生き抜いたとも言えます。
回復したからこんなことが言えるのです。
本当に私たち夫婦は心配しました。
全身に広がる可能性もあったし、目を塞ぎたくなる
可哀そうな子の写真もみせられましたから。

先生、スタッフさんありがとうございます。

これ心理学でいうトラウマを乗り越え今ここにいる
という解釈もできます。

ニコ本人は思っていないけれど。(笑)
ただただ、今ここにシンプルに生きている。
禿も気にしてない。

話を戻しトラウマとは傷のこと。
心理セラピストが扱う心の傷も同じです。
内容は大なり小なりあってもそれを乗り越えて、
回復して耐性が強くなって生き抜く。
常にチャレンジを繰り替えし更に強くなっていく。
人類はそれを繰り返し、よりよいものを次の世代に引き継いでいくのでしょう。

心のケアに関しても古代の哲学者も現代の私たちと
同じように悩んできました。
今それが少しづつ解明されて体のケアと同じように
心のケアも広がっていっているのです。
もっと、もっと広がっていきますように。


昨日、ツイッターでSKⅡのこのCMを知りました。
私の屋号の「unlearn」学びほぐすのコンセプトと同じ(笑)

今まで身に付けてきたものを、
一度見直して今の自分に合ったもの(価値観など)を
選んで自分らしく生きて行こうよ。
風の時代、爽やかに軽やかに生きていきたいです。
そのためにも、心に溜まっている今はいらなくなった
不用品を出して整理していくことも大切ですね。

6分ほどあるかっこいいCMです。
お時間ある方、ぜひご覧ください。
音出るから気をつけてね。

SKⅡCM サーフィン前田マヒナ選手 編

では、また~







お陰様でニコ順調です

こんにちは

体と心をゆるめるセラピスト 
unlearnのブログへお越しいただきありがとうございます。

お陰様で、ニコ復活しております。
患部も大分小さくなって、適切な手当と薬がこんなにも
てきめんに効果を発揮するものなのかと驚いております。
ありがたいです。
花園動物病院の先生、スタッフさんに心よりお礼申しあげます。

ニコを心配いただいた方もありがとうございます。



話は変わり本日、25日はお母ちゃんの76歳の誕生日です。
22日は、お父ちゃんの誕生日でした。
誕生日といっても、電話をいれるくらいですが二人とも
持病はありつつ車の運転もできて元気で助かります。

この両親のことをテーマに、心理セッションを受けることが多かったけれど
なにか遠い昔に感じられます。
不思議です。
癒しや心理教育で学びを深める中で、
私の解釈も大きく変わったんですよね。

あれは、何だったんでしょう?
つい最近まで、お母ちゃんの言動にイライラしたことあったのに。
まあ、もういいことになりました。
これからも、あるかもしれないし。
言葉でうまく説明できないのですが私の中の変化を感じます。

人生ってこの世の仕組みみたいのがわかった頃には、
ある程度歳を重ねているものですね。
楽に生きるような解釈が出来るころには、もう人生の半分です。

まあ、半分でわかっていいことにしますか。



それから、仙台や近郊にお住いの皆さんへお知らせです。

6月27日まで仙台文学館で
私の大好きな「星野道夫」さんの写真展が開催されております。

私は日曜日行ってきました。
ぜひとも、足を運んでみてください。

写真だけでも素晴らしいのに、
繊細で丁寧な文章に心が洗われます。
写真と文章読んでると涙が溢れてきます。

大きなパネルでみる写真は迫力があって、
行ったこともない遠い場所だけれど、時空を超えて自分も
遠くから同じ景色をみているような感覚になります。

星野さんの写真をみてると、白熊やヘラジカなどの動物は
私たちと同じ生き物で私は人に生まれて、
あなたは白熊ね、リスねみたいに思えます。
「動く物」と書いて「動物」なのだから人も「動物」なんですね。
動物たちは、寒い環境の大自然の中
「ただただ生きる」ことがなされていました。
多くは要らない、必要な分だけ。


人間の地球での役割は、地球の用務員さんのような気がするときがあります。
神様にこの地球の生き物たちが住みやすい環境を保つよう
管理を任された者。
その、管理人のエゴが強くなって必要以上の環境破壊はよくないですね。


他の生命の「いのち」をいただき、循環され生かされる「いのち」
きれいごとばかりではないけれど、
そんなことに気づかされる時間でした。

仙台文学館、緑豊かで。
おススメです。



では、みなさん良い一日をお過ごしください。

猫と免疫力

こんにちは

心と体をゆるめるセラピスト unlearnのブログへ
お越しいただきありがとうございます。

あいにく本日は曇り空。
降りそうで降らない仙台の梅雨空です。

昨日、またニコ(猫)を病院へ連れて行きました。
肺炎は落ち着いたものの、今度は皮膚が荒れてひどいのです。
良くなると別のところが悪化しています。
本人も痒がって、元気もありません。
この前のステロイド注射で免疫力が落ちているのかも
と思い様子を見ていましたが、絶対に変。
顔、首の周り、4本足の先端に患部が広がっています。

それで、いつもの動物病院へ行きました。

先生の診断は、「猫好酸球肉芽腫」だそうです。
これに罹った猫の写真が、皮膚がただれて毛が抜けて
かわいそうでした。

犬はアトピーが多いけれど、猫のアトピーはあまり聞かずに
この病名の子が多いそうです。

先生は大学時代から感染症のことを専門に学んだらしく、
顕微鏡で毛を採取して説明下さいました。
獣医さんによってはこの診断がつかなくて、
見当違いの処置で長く苦しむ子がいるそうです。
飼い主も心が苦しくなりますね。

今やオンラインの時代、会って診てもらうに越したことは
ありませんが、カメラ越しに診察・症状で診断がついて
早期発見治療に取り組めるといいなと思いました。

どうしても先生によって、専門分野があると思います。
ましてや獣医さんって幅がひろすぎませんか?

世界中にこの症状に該当する猫がいたら、
的確な診断治療を受けて欲しいものです。

ニコは昨日から抗生物質のお薬を服用、幹部の手当を受けて
今朝は見違えるほど患部は小さくなりきれいになりました。
これだけで、ほっと安心していられます。
まだ治療は始まったばかりですが、先生と助手の方に感謝です。
最短で一カ月と言われましたので、
私もお薬を飲ませたり幹部の手当に励みたいと思います。

家の中で安全に飼われている猫でさえ病気になる。
ニコの場合は免疫力低下らしく、今後も複合的に
症状が出たり消えたりするそうです。

ニコはうちに来た時から、鼻水、涙が止まらない子でした。
その時の獣医さんにも一生つきあっていくしかないと言われていました。
本当に、ことあるごとに症状が繰り返されます。
「ぐり」よりお医者さんに行きます。
手のかかる子ほど、目が離せませんね。


今回、心の観点から気づいたことは
病気というのは、かかるときはかかる。

それは本人が元々持っているものなのか、
後退的な要因なのか
気圧などの天候にも左右されるのかはわかりません。
なるものはなる。

それを全て受け入れていくしかない。

現われる自分の心情。不安や怖れ。

現れる症状には適切な処置をしていく。
闇雲に不安になることはない。

「あるがまま」

どこまでも、ひたすら
おきることを受け入れていく。

わたしの取り組む心理セッションは病気をよくするために
することではないんですよね。
病気や症状に対する心をみていくこと。
不安があっていい、恐れがあっていい。
どんな不安があるのか、恐れがあるのかみていくだけなのです。
それを体感とともに感じたり、あるいは感じても大丈夫なところに
意識をむけたりしていきます。

シンプルにそれをしていきます。

そうすると、不思議なことに不安な気持ちや緊張した感覚も落ち着いてきます。
冷静な判断が付きやすくなります。

「あれは、おばけかな?おばけじゃない?
おばけだったらどうしよう?」の思考のサイクルから抜け出せます。

今回のニコのようにお薬に助けてもらったりしながら、
免疫力を戻していく。

本来、心のことも耐性があれば乗り越えられることも、
その問題に対する耐性がないと母体がやられてしまいます。

なので、こういう出来事をきっかけに
自分の大丈夫を増やして、自分の耐性を強くしていくんですね。

そしたら、外敵がきてもかわせるでしょう。

そんなことを私はしていくんだ、そう確認した出来事です。

だから、ひとりで頑張る必要などありません。
そのやり方って知らないので
知ってる人とともにやってください。

その為のプロです。
手を借りてください。

そして耐性を強くして、自分のやりたいことに取り組んでいくのがいい
そんな風に思います。

私も、そうしています。

ニコが早く良くなりますように。

猫たちが、お世話になっているのは
花園動物病院」です。


では、またね~

世界の終わりは、世界の始まり

こんばんは~

カラダと心をゆるめる心理セラピスト・unlearnの加藤 直美です。

みなさんボイジャータロットって聞いたことありますか?

自我と魂の視点がよくわかる、
この世の仕組みを教えてくれる不思議なカード。
本当におもしろいです。

昨日はそのボイジャータロットカードを使って
ここ数カ月取り組んでいた、「ボイジャービジネスプランニング講座」
で作成した自分の事業内容を発表・プレゼンの日でした。

このプレゼンがあるばっかりに、
人前で話すことに抵抗がある私は受講するまで1か月悩みました。
受ける、受けない。
でも絶対に面白いんだから、やるべきだというカンが働きます。
ハートの声に従い受講。

どうにかプレゼンまでたどりつき、
初めてお会いするボイジャーカード講師の先生2名、
私の講師の平灯花さん、私と計4名で作成したパワポを使って
オンライン・プレゼン。

お陰様で無事終了。


大変だったけれど、今はやり終えた安堵感でいっぱいです。
事業企画書は、人生初チャレンジ。
一生懸命やりました。
自分を褒めていいくらい、頑張りました。

講座が始まると、遊びながら学ぶとはこのことで、
自分の数秘は何番でどんな資質を持っているかなどと、
占われているように、自分を知ることから始まります。

カードに慣れながら、ビジネスに必要な知識や思考を意識していくのです。

タロットカード自体が初めてですが、このカードは宇宙とつながっていて
魂からのメッセージが届けられているみたい。
本当に私の後ろに誰かいて、その人がカードを引かせてるんじゃないか
と思うことが何度もありました。

また、カードの解説に泣けるのです。
セラピーを受けてるみたいなメッセージもあり何度も癒されました。
カードは全部で78枚。
灯花さんは、私がカード引くたびに何にも見ないで解説してくれて、
ほんとすごいと思いました。
最後まで私を励まし、モチベーションを保たせて
優しくユーモアたっぷりの私よりも数個年下の先生。


不思議なのは、この企画書を書き上げてからお客様が増えたことです。
驚いています。
事業の目的や目標を意識することって大事なんですね。

波動かな。

プレゼンに同席してくれた灯花さんとお二人にもアイデアや、
アドバイスをいただきました。
要領の得ないプレゼンを褒めてくれて、
ダメ出しは「もっと直美さんらしさを出してね。
まだまだ。まとまり過ぎて面白くないな」と。


もっと私のユニークさを出していくように背中を押され、
私にしかできない経験を出していけと。
その言葉に胸が熱くなりました。
心当たりがあり、細胞で反応したんですね。

直美の魂の部分をもっと遠慮せず出すことだそうです。

テレビで渡辺直美ちゃんみてたら、本当に自分のやりたいことやってますよね。

大阪なおみちゃんも、自分の気持ちに正直だと思う。

同じ名前同士、刺激されます。


自信のない私ですが、私の世界を広げてみたいなという
気持ちになってきました。

今回もまた人から大きなエネルギーいただきました。

今朝、朝ドラの夏木マリさんのモネに対してのセリフで、
仕事に対して「誰かの役に立つことだけ考えな」を私も心していきます。

この企画書のプレゼンは終わったけれど、
これからがまた新たな始まり。

ぼちぼち行きますよ。

長いこと、灯花さんご指導ありがとうございます。
先生って呼び方好きじゃないけど、
彼女は「先生」ってそう呼びたくなる存在です。

これも「投影」か (笑)

これから起業される方、
私のようにに起業してるけど迷える子羊さんがいらしたら
ぜひ「安心の灯り」をともしてくれる灯花さんにご相談ください。