投影講座のデモを終えて①

こんにちは~

本日、晴れ渡る青空の仙台です。

晴天の日は、青空をベースに本当に雲が色々な表情を見せてくれて
いわきの心理セラピスト・万里子さんの言葉を借りれば「神様アート」です。
360度見渡すと、様々な模様の雲があります。
見上げた空は、自分が海の中の生き物みたいな感じになって、
不思議な感じになります。

ちっぽけな個の私から、全体のわたしに還る時間。
何も心配しなくて大丈夫。
そんな風に感じます。
みなさんも、どうぞ空を眺めてみてください。

さて、今日の記録は先週の17日・土曜「セラピスト勉強会」で行った
投影のデモのお話です。

「投影」とは
簡単に説明しますと
自分の中にある(自分でも気づかない潜在意識の)思いを
外の世界に映し出すこと。
必ず、誰もが外の現実世界捉えるときには、
自分のフィルターを通してみているということです。
他人の思いは、実は自分の思いなんです。

何かある出来事に対して苦しい思いがあるなら、
苦しみを生んでいるその解釈が自分の中にあるのです。

詳しく聞きたい方、ぜひお問い合わせ下さい。
掘り下げて、わかりやすくご説明させていただきます。



この投影講座のデモをしました。
中々、資料作りの構想がまとまらず2週間くらい前から取り掛かり始めました。
やり始めると、これまたそれにかかりっきりになります。
私の脳の病気だと思います。

仕事から帰宅しても取り掛かって、
この集中力に自分でもびっくりします。

発表の時間は30分。
今回作った資料で、すぐに講座をできるようにしておくこと。
それから、自分も楽しんでやること、この二つを念頭におきました。

だからこそ、そこで使う資料は楽しくないと。
この資料作りに、夢中になってしまいます。
私の意外な才能じゃないの?なんて思いながら作りました。
あくまで、自画自賛(笑)
ちょっと前までパワポなんて出来なかったもんですから嬉しい。
ただ、それだけなんです。

そして私の飲み込みの悪さが功をなして、
分からない人にも、わかるように伝えたいの気持ちもあり
それにはこんな表現かな、このイラストでイメージできるかな~
と工夫に繋がっています。

それなりに、いい感じの資料ができました。

友達に一度、オンラインでデモさせてもらいました。
そしたら、2時間くらいのやりとりになってて。
もう本番みたいなものです。
友達も「投影のことよくわからなかったけれど、
今日の説明でよく理解できたよ」と言ってくれて。
嬉しかったです。
楽しいですね。
人生を変えるかもしれない情報を伝えられるということは。

今回で3回目のデモ。
反省点も含めてのチャレンジ。
私は、こう見えて改善マスターだったのです。
今回はポイントを絞って、ゆっくり話すことを目標にしました。
頭の中でしゃべるのと、声に出してわかるように伝えるのって違うんですよね。
アナウンサーの方とか、役者さん、皆さん素晴らしいです。
でも、その訓練までしている時間はありません。
今の私で出来ることをしていくのです。


次回は当日のお話を・・・

 

投影講座のデモを終えて②

はい、投影講座のデモ話の続きです。

当日、緊張しました。
上手くやりたいんでしょうね。
「サワコの朝」で飯尾和樹さんが出ていて、
こんな風にナチュラルに生きれたらな~
と笑いながら拝見しておりました。


さて13時まで仕事を終え、ダッシュで帰宅、
今回はお昼を食べる間もなく参加しました。
私は2番手です。
最初のMさんは、ゆっくりとお話されてていつもながら
笑いあり、身近な例を取り上げて素晴らしいデモ内容です。
感心してしまいます。


自分の番がきて、緊張しながらも始まりました。

投影が起きる心のしくみを話した後、
自分の投影のストーリーと照らし合わせて話すことにしていたので
その順序で終わりに近づきました。

今回お話したストーリーは「子どもがいない」
(このお題、事実ではなく解釈)
にまつわる投影の話です。
私にとって約10年前の不妊治療についてです。

①出来事⇒事実⇒解釈に分けて
②解釈の中味のマイルールやビリーフそれに伴う、感情を話していきます。

結婚したら純粋に「子どもがほしい」という思いから
いつの間にか「子どもを産まなければならない」になっていた経緯。

その思いがあって苦しかったけど、その信じていた思い込みや
感情を癒すことで変化していった話をしました。
セラピーを知ってから少しづつ癒し始め4、5年くらい経ちます。

最後に
「子どもを授かることは神の領域であること」が腑に落ちました。

そう話そうとしたときに、ヤバイ 泣きそう。
と、言葉に詰まりました。

実際、そうなってしまいました。
恥ずかしい。

講師の准さんが「大丈夫?」とやさしく声を掛けてくれて。
なんとか一通り話し終えました。


デモの感想のとき、話を聞いてくれていた
仲間のセラピストお一人お一人が優しい言葉をかけてくれて
それがまた心に深くしみわたりました。泣
更に、何も言えなくなって。
とても、とてもありがたかったです。


どうして、私はあの時泣いたのか?
少し振替ってみました。
あの言葉まで来たときに、もう10年も前のことなんだけれど
「よくここまでやってきたね」という自分への労いの気持ちが
湧いてきていたようです。

一瞬にして、
体外受精をしなければ子どもは授からなくなった経緯や、
そして休んでは繰り返した体外受精。
痛くて、怖かった。
沢山の時間とお金を費やしました。
思い出しても、楽しいものではなかった。
新幹線で通ったあの日々。
結果を聞いて泣いた日。
夫がもういいよと言った日。
まだ、あきらめきれない私。
何をどうしたいのか混乱していたあの日々。


その、全部が走馬灯のように駆け抜けたのです。
たまに聞く、死ぬときの話のようです。
一瞬にして同時にそのことが、感覚の中でおこった気がしました。

そして、もう終わったよ。
その思い手放していいよと優しく背中を押されたような気がしました。
月日が大分流れているのに辛かったことは、
昨日のことのように思えているから不思議です。

でも、もうこの件のこと。
セラピスト仲間の前で話せて、次に進んでいいんだよと
承認してもらったような気がします。
これも私の解釈にすぎませんが。

ありがとう、過去の私。

この体験があるから、今ここにいる。

セラピスト仲間たちも、
色々な思いがあってここまできています。

温かい、エネルギーを下さったみなさんに感謝です。

その後のお二人のデモも素晴らしかったです。
その人らしさがちゃんと表現されるものですね。
勉強になります。

 


最後に、
投影は「無い」ものに囚われ、それに苦しんだりします。
「ある」ものを大切にしていく。
そんなこと改めて思いなおしました。


思いがけない、記念日になるデモの日でした。

この機会を下さった澤田 准さん。
ありがとうございます。



私のようなことで、悩みごとありましたら声をかけてください。
お話の内容は、どのようなことでも大丈夫です。
私も何年たっても少しずつ、自分育てしながらです。
震災で悲しい思いをされた方、ニュースで悲しみや苦しみを
抱えている方をみるとセラピーが届くといいなと思います。
自分の気持ちを知って整理がつく方法がありますので
お一人で抱え込まずに、ご活用下さい。

お待ちしております。

 

私のこころの成長記録

こんにちは~

本日は台風の影響か肌寒い仙台です。

みなさまいかがお過ごしですか?

実は先週、今日の曇り空みたいに雲に覆われて
グレーの重たい空のような出来事がありました。

そのことをちょっと記録しておきますね。

私事で恐縮ですが職場でモヤモヤすることがおきました。
詳しいことは割愛しますが、私的に我慢することが続いており
他のスタッフに言うべきか我慢すべきか物凄く迷いました。
少ない人数でそれぞれが働いております。

でももう、心の中はモヤモヤで一杯一杯。

誰にだってあるし、
仲がよくても起きること。

自分を大切にするとか書いておきながら、
長年勤めているからこそ言えない。
言いずらい。
自分の気持ちを話したらどうなるだろう?
変化を恐れる自分がいます。

このまま言わずにいたら私のこのモヤモヤのエネルギーはどうなるのだろう。
日にちが経てば和らぐのだろうか?

いや、それは自分の気持ちを無視することになる。

セッションで癒せば気にならなくなるんじゃないか?
話すか決めるのは、それからでいいんじゃないか?

色々な葛藤が出てきます。

こういう時は心理セラピストも関係ありませんね。

私は、私の気持ちを感じていることを大事に優先
させてあげようと決めました。

どうなるかはわからないけれど「チャンスがあれば話そう」
そう思い出勤しました。

そのチャンスがありました。
話すことが出来たのです。

慎重に自分の気持ちを伝えました。
相手からしたら、私に問題があるかもしれません。

心配もよそに最後まできちんと話を聞いていただけました。
自分の気持ちが伝わり、安心しました。

そしてすぐに対応してくれました。

感謝です。
ありがたいです。

話せたこと、ものすごく嬉しかったです。
自分の事、褒めました。

大げさかもしれないけれど、
どうしても話そうと思うと気楽さがなくなって。
情けないです。

これもセラピーを受けてきて、学んで出来るようになったこと。
ほんと小さいことだけど
これだけで一皮むけたように感じています。

世の中、嫌なことがあったら感情的になり発散する、
酒や何かに逃げる、愚痴言って我慢するなどの
方法しかないように思われるけれど、対応できることありますね。

相手にもよるかもしれませんが。

ともかく、自分の気持ちを素直に話すこと。
それが出来て本当に嬉しかったです。










ritaの心

こんにちは~

本日、秋の空快晴の仙台です。

空気もひんやり、長袖を羽織る時期になりました。

今日は、ちょっと気になった話を書き残しておきます。

先週のDate FMの『高橋優のリアラジ』の番組内で高橋優が
「自分のやりたいことや、欲しいものが全部叶ったとしても
最終的には自分一人じゃなく人と分かち合いたい気持ちが出てくる」
という内容のことを話してました。

実際のところそうだな~と同感。

私自身もどこかへ行って素敵な景色をみてくる、美味しいものを食べる、
健康にいいものがあるとやっぱり親しい人に教えたくなります。
あなたもどうぞ。
自分一人のものに出来ない、共感したい、一緒に楽しみたくなります。


人の心はそんな風に出来ているんだと思います。

でも、

「先ずは自分を大切にする」が一番です。
お分かりのとおり、
エゴを強化させるという意味ではありません。

自分の気持ちに気づくこと。
私はどうしたい?
どんな感じがしたの?
どんな気持ちなの?


私たちは、瞬時に自分の気持ちに蓋をしてしまいます。
悲しいかな、蓋をしたことさえ気づかづにいます。
蓋をし続けていると、押し込められた蓋の中味はどうなるでしょう?
自然に消えてなくなる?
いえ、ちゃんとエネルギーとして残っていて体調不良や
どうにもならない感じでメッセージを送ってきます。

「自分に正直でいることが一番難しい」ことだそうです。
心当たりはありませんか?

じゃ、誰が自分の気持ちに気づいてあげれるのでしょう。

あなたの愛するパートナーでもありません。
家族・仲の良い姉妹・親友でもありません。

それはあなた自身なのです。

お酒で蓋をしていませんか。
自分の殻に閉じこもって、一人何とかしようとしていませんか。

自分と上手に付き合える方法がありますので、
そんな時は心理セラピーをご活用ください。


さて話を戻して、
日本人は集合無意識の中に相手を思う美徳の心や
思いやりの精神がとても強いです。

私の中でも自分の気持ちを優先したい私と、
相手のためにしてあげたい私の葛藤が生まれます。

実は先週もありまして。

「やりたいかどうか」と自分に問えば、
本音は「やりたくない」のです。(笑)

でも情けがネックとなり「やらないと悪い」と。

そんな葛藤する自分も肯定して
今回は自分の意志で他の人のためにするを選択しました。

そしたら案外楽しかったです。
思考を越えたところにあるおもしろさ。

この、自分の意志でこうしたという自分を理解していること
大事なことです。
やらされてる、被害者意識ではありません。

心の整理ができるようになり、わかってきたことです。

「利他」という他人を大切にするという教えもあるけれど、
それは自分を大切にできてからすることでいいんじゃないかと
私自身は思います。

迷い選択する色んな私がいる、それでいい。
自分の意志でそれを選んでそうしたという自覚があればいい
そんな風に捉えています。

それで、最終的に自然と人と分かち合いたくなるのかなと思います。

色んな葛藤がありつつ私も生きています。








滝巡りの旅

こんにちは~

本日、秋晴れの晴天です。
シルバーウイークも明けて、すっかり秋モードです。

去年の今頃は初めてのワークショップ開催にドギマギして
いたこと思い出します。
ご協力くださった皆様ありがとうございます。

今年の連休9月21日は山形県の酒田と遊佐町へ日帰り旅行してきたので、
そのことをメモしておきます。

家を出た時は、酒田まで行く予定はなかったのですが
鳴子で飲み水を汲み、帰るにはまだ時間が早かったので
山形まできたついでに前々から行きたかった酒田の滝巡りをすることに。

風任せの旅です。

道中稲刈りも始まり、空と山と稲穂のコントラストがとても綺麗です。
日本の風景に癒されます。

酒田では「玉簾の滝」「不動滝」「胴腹滝」に行きました。
山形は滝王国なんだそうです。
温泉も王国だしね。

最後、遊佐町では「丸池様」まで足を延ばしてきました。

滝の中では「玉簾の滝」は本当に迫力があり見事でした。
駐車場からは鳥海山が見えて、歩いて10分くらいのところに滝があります。
大概、滝は山の中を歩くか遠くから眺めるかですが楽ちんでいけます。
滝の近くは滝つぼもみえて、近くに寄ると水しぶきがかかり寒いくらいです。
こんなすごい滝を簡単に拝めるなんて、ありがたい。
時間さえ気にしなくてよいのなら、いつまでも見ていたかったです。

「胴腹滝」は苔がすごくて、「もののけ姫」のジブリの世界みたいでした。

最後に尋ねた「丸池様」がまた一段ときれいで、透明な沼なのです。
水が下から湧き出ているそうな。
沈みかけた太陽の光が、水面に反射し沼の色がブルーグリーンでとても美しかったです。
写真が上手でなくても、プロのような一枚が撮れます。
一度ぜひ、訪れて欲しいところです。

今回は温泉に入ることも無く、
山形の沈む夕日を後に、
走行400キロの旅路でした。

自然に感謝。
いつも、ありがとうございます。

「心の境界線」デモを終えて

こんにちは~

すっかり秋模様の仙台です。
雨の日が続き、急に秋モード突入です。

9月12日は私の参加している澤田准さんのセラピストコースで「境界線」のデモをしました。どんなに準備をしていても緊張するものですね。
きっと、ずっとこんな感じかな~

私を含めた4名の方がデモをして、同じことを学んでいても
表現が違っていて学びが深まりました。
その人らしさというものが出るものですね。
今回もとても刺激になりました。
准さんはじめ、ご意見下さった仲間の皆さんありがとうございます。
気づかされることが多く、参考になりました。


私自身反省点はあるものの、今回は早くから準備をして
頑張った自分を先ずは褒めたいと思います。
ダメだしになりがちだけど、
セルフ・コンパッションが大切です。

今回はオンラインで友達に練習に付き合ってもらいました。
色々と疑問を投げかけてくれて、反応が良くて楽しかったです。
最初の練習に付き合ってくれた夫は、
前回より更に厳しくなってて怖かった。(笑)
疲れているようだったし、
相変わらず私の説明も酷いもんだったので耐えがたかったのでしょう。
彼のアドバイスからいつも気合が入るパターンです。

何はともあれ、伝える面白さを味わうことができました。
友達に無事終わったよとメールしたら、
「あれから家族との境界線、意識しているよ」と嬉しい報告がありました。
ありがたいです。

今回、改めて境界線を意識してみて
「随分越えてるな~」と思いました。

自分に意識を戻すって、心の学びの基本。
これが難しい、ついつい分かっていても忘れます。
もっと、もっと自分に声をかけてあげます。

私の小さな喜びですが、記念に記録に残しておきます。

来月は「投影講座」のデモ、
またチャレンジする予定です。



 

境界線を意識する

こんにちは~

昨日から9月、仙台も急に過ごしやすくなりました。

久しぶりのブログ投稿になります。
書いていない間もいろんなことしてましたし、ありました。
何かしら、平凡な日常の中にも変化はあるものですね。

今、私は来週土曜日のセラピスト講座で「境界線」のデモに参加するため
資料を作っております。
夢中になると、そこに集中する性分なので昼寝などすることもなく取り組んでおりました。

夫に教えてもらい、初めてのパワーポイントにもチャレンジ。
何度も聞くと、聞かれる方も段々とイライラしてくるので
こちらも必死に覚えました。
教えてもらう側のやる気の問題ですね。(笑)
そしたら、出来るものです。
出来るは嬉しい。

やればできるんだ。
自分でびっくりしています。
ちょっと楽しいくらいです。
後は、伝え方の練習をしたいと思います。
小さいことながら、自分の成長を喜んでいます。



それから、もうひとつ。

勤め先の接骨院に「オンラインカウンセリング&セラピー」
のチラシを置かせていただきました。
ずっと、宣伝したいと思いながら自分の中で
抵抗があってできなかったことでした。
少しづつ握りしめていたものを、手放せているんだと思います。
やっと、心の準備が整いお願いできました。
置かせていただけて、ありがたいです。


お盆休みの間に「ココナラ」というサイトの中から
デザイナーさんを選び、載せたい文章は私が考えて、
デザインはプロの方にお願いしました。
自分では思いつかない色合いや文章の配置など
素晴らしいデザインに感動しました。
チラシ一枚にも色んな人の思いが入っていますね。
必要な方に届きますように。願いを込めて。
私が経験してきたこと、学んだことが社会に少しづつ循環されること。
今どうしていいかわからなくなって
泣いてる誰かの役にたてたら嬉しいです。


話を戻して、「境界線」聞いたことありますか?
これを初めて溝口あゆかさんのOADセラピスト養成講座で
学んだとき感動しました。

これを知っていると、自分に戻りやすくなります。
気が楽になります。

初めて聞く方もなんとなく想像はつくと思いますが、
人とコミュニケーションをとるときに
私たちは相手の言葉や態度から、
エネルギーを感じてやりとりしています。
相手のパワー?みたいのを感じませんか?
相手の圧を感じて、こちらが合わせちゃったり。
逆に圧をかけてしまったり、相手とワザと距離を置いたり。

目には見えないけれど、人と人がやり取りするとき
自分の領域を越えたり、越えられたりしているときって
何かしら不快感があるもの。
お互いに自分の境界線があり、そこのバランスが
崩れているとお伝えしてもいいでしょう。

大雑把な説明ですが境界線には
自分の領域・他人の領域・神の領域の3つがあります。

神の領域は人のチカラではどうにもならない、自然や命に関わることなど。
問題は自分⇔他人の領域です。
相手のためと思いながら自分の領域を越えておせっかいやいてたり、
心配してたり。
辛い不快と感じる時は、自分を我慢させて自分の領域に相手を侵入させあわせていたりします。

夫婦や恋人、親子、職場、親しい間柄ほど曖昧で越えたり越えられたり。
越えた方も越えられた方もどちらも根底では
自分を大切にしていません。
バランスがとれていれば、お互いに相手を尊重した調和のとれた領域
が保たれています。

どうしても日々生活していると私たちは、
自分の外に意識を向けがちです。
こうして書いてる私も、忘れます。

自分の領域だけが自分でコントロール可能で、
そこを意識することで楽に生きれます。

境界線を意識して、自分の領域にもどり
人生を豊かに。

自分の領域を大切にすることは、
自分を愛することにつながります。
自分を愛する(大切にする)ことができたとき、
他の人を愛せるのではないのでしょうか?

私はそんな風に境界線を、捉えています。

バイロン・ケイティの有名な言葉に
「私を好きになるのはあなたの仕事ではない、それは私の仕事」
素敵なメッセージで大好きです。
大阪のKさんがよくブログでご紹介下さいます。
呪文のように何度きいてもいいですね。


「自分を愛する」ってことを腑に落としたい方は
ぜひ、セッションを受けてみてください。
オススメです。
私のように、できなかったことが出来るようになります。笑


「境界線」講座は国民、いや人類みな一度は知って欲しい、
心のしくみの概念のひとつです。

セッションではポリベーガル理論・境界線・投影
インテグレイテツド心理学などの心のしくみを踏まえた
カウンセリング&セラピーを行っています。


講座もぼちぼち開催していきますので、
興味ある方、よろしくお願いします。

ポリベーガル理論のデモ

みなさん、こんにちは~

毎日、暑い日が続いておりますがいかがお過ごしですか?

昨日の午前中は、暑さも少し落ち着いていたので久しぶりにいつもの豆坂温泉・三峰荘さんへ。

暑さのせいなのか、コロナの影響なのか人も少なく。
お客としては、ありがたかったです。

久しぶりの豆坂温泉さんの湯、とっても良かったです。
私はいつも長く湯船につからずに、浴槽の周りにいて出たり入ったり。
たまにサウナにも入らないのに水風呂へ行ったり。
それで、思考観察したりしていると
結構時間がたっていて驚きます。
ああいう時の時間の感覚って本当に不思議です。

自然の恵みに心身ともに癒され、本当に行ってよかったです。

オーナーさんやスタッフのみなさん、自然の恵みに感謝です。


今日は報告が一つあります。

自分の記録になりますが
22日の土曜日、澤田准さんのセラピスト講座の中で
ポリベーガル理論のデモをしました。
准さんは「友達に説明する感じで気楽な気持ちでチャレンジしてね」と生徒たちに言ってくれてて。

私もチャレンジすることに。

気になりながらも、ついつい勉強に取り組むのを後回しにしてしました。
実際、取り組んでみると資料作りも必要です。
口で説明するのは無理だと判断。
資料を見てもらいながら説明しようと決めて。

パソコン苦手だから、手書きの資料。
絵も描けないので、今回は仲間うちだし著作権があることを知っていながらも配布するわけでもないので本からコピーさせていただきました。

目安の時間は30分。
説明なんて、出来るのかな?不安しかありません。

でも、結果参加して良かったです。

習ったことは自分の頭の中で完結していたので、
分かっていたつもりになっていたことが分かりました。
伝えることがあるということは、自分がそれを理解していないと伝えられないし。ポージェス博士が一生懸命研究されたことを間違えて伝えてはいけないし。
(と言って間違いもあり教えていただきました。良かったです。)

内容の理解、伝わりやすい資料作り、言葉使いにも気をつけなくてはいけません。
話を聞いてもらうということは、実はやることが沢山あって大変だなと思いました。

私はいつも参加者の立場でした。
これをやってきている准さん始め、今まで教えていただいたセラピストさんたちすごいなと思いました。

実は前日には、フェルデンクライスのレッスンもあったのですが、
お休みしました。
デモの練習を優先させました。
本当は身体を整えておきたかったのですが。
もっと早く取り掛からなかった自分を責めたりもして。

当日、デモの日が来ました。
ぎりぎりまで仕事をして、帰宅、軽めのランチ。
パソコンを立ち上げて、資料をみんなに見えるように設定すると文字が反転しているので、慌てました。
そうか、こんな風になるんだ。

夫に話して、zoomの設定を変えてもらいちゃんと
相手が読めるようにしてもらいました。
あー家にいてくれて良かった。
折角の資料が・・・無駄になるところでした。


実は夫には水曜日の夜、デモの練習に付き合ってもらったのです。
最初自分でも悲しくなるくらい、しどろもどろの説明でした。

一番、気を使わない人にさえ緊張して上手く説明できない。
マズイ・大丈夫でないことを知りました。

夫に「何を伝えたいの?これが大事じゃないの?」と的確に言われて。
本当にその通り。頭でわかっているのに言葉は出てこない。
言葉が出てきても、たどたどしい。
ポリベーガル理論が自分のものになっていません。
内容を把握できてないことがわかります。
出来ない自分が悔しい。
今なら笑えるけどピンチでした。
自分に苛立ち、八つ当たり。
「そんなこと言ったって・・・」

自分攻めと、自分にエールを送りながら資料を作り直しして。
とぎれ、とぎれな話し方に気を付けて。

当日を迎えました。

自分の番になったら、すごく緊張しました。
私の前にデモしてくれた二人の方は、落ち着いてるようにみえます。
話し方も上手で、分かりやすかったです。
「みんなすごいな、頭いいな」と思う自分がいます。


自分の番が来て、話始めても緊張しました。
飛ばした説明もありました。

一通りデモを終えて、聞いてくれていた仲間の感想は
とても優しいものでした。

ありがたかったです。
素直に受け取りたいと思います。

勿論、他の方の説明を聞いていて
「ここがポイント」だということもわかってきました。
反省点、改善点はありますが良しとしましょう。


翌日には、准さんからメールで総評が届きました。
その中で的確なアドバイスが書かれていました。
私の良かった点を褒めてくださり、
不足していたところを指摘下さいました。

でも、全体的には私をやる気にさせてくれて
優しい勇気づけてくれるコメントです。

「ポリベーガル理論の講座」を開いても大丈夫ですよと。


この「身体の仕組み」を知ることで、
自分でケアできること知り取り組んでいただければ
嬉しいです。
私も、取り組んでる一人です。

先ずは、クライアントさんにお伝えしようと思います。



こんな小さなことで、大騒ぎしている私です。
バカみたいですね。



出来る人は「こんなことぐらいって」いうと思います。
やらないといつまでも出来ないことも、
頭でわかっていて動けないこともあります。
甘えだろと言われるかもしれませんね。

でも、心のことを学ぶと心の準備が整って、
身体を使ってチャレンジできることがわかります。

実際少し動いてみて、大丈夫なのがわかりポリベーガル理論でいうところの
最適な覚醒領域の幅がひろがるのです。
安心の幅が広がるともいえます。

今回、行動してみても恐怖が湧いてきました。
自律神経の緊張と緩和が働いているのがよく分かりました。

でも、「これは辛いことじゃない、楽しくやろう」と心掛けました。
資料作りも実際、楽しかったです。
こんな風にまたチャレンジして、私はいくつになっても自分を育てていきます。

チャンスをくれた准さんに感謝です。
聞いてくれた、仲間もありがとうございます。
夫もアドバイスありがとう。

「つながり」っていいですね。



次回は「境界線」についてのデモ、
ぎりぎりにならないよう準備に取り掛かります。








 

 

 

錯視と投影

こんにちは~

今日から私もお盆休みに入りました。
暑いよりは「熱い」の方がピッタリな、
毎日をいかがお過ごしですか?

仙台の夏は、適度に風もあり東北の中でも過ごしやすい方なのですが
ここ連日はさすがに暑いです。
仕事中のマスクが辛かったです。
室内でもエアコンをかけながら喚起しているので、
汗をかき肌も荒れてきました。
乗り切っていきたいものです。


今日はEテレの「0655」から『錯視の謎めき』の話をひとつ。
「0655」は平日朝の6時55分から放送でわんにゃんを紹介
するコーナーがあり猫を飼ってからみるようになりました。
ここに投稿されてる子たちって、飼い主さんにすごく愛されている子たち。
その様子が写真とともに紹介されこちらに伝わってきます。
朝からほんわかとした気持ちになります。
他にもそういう番組は多いですが好きなコーナーです。

この番組の中で、少し前から麒麟の川島さんが
歌う『錯視の謎めき』というコーナーが面白いのです。
スペシャルの時は2番まで流れます。
毎日、同じ錯視の曲と映像が放送されますが、本当に飽きません。
感心するばかり。

脳って、簡単に騙されちゃうんですね。

『錯視の謎めき』を「NHKのニュースおはよう日本」の
女子アナの方がブログで紹介されておりましたので是非ご覧ください。
リンクを貼らせていただきます。
本物の番組もぜひ~

『まちかど情報室つっこみブログ』さんから
錯視の謎めき 2番

先ほども書きましたが、毎日みているけれど「ほんと?」って思います。
棒の長さや色の濃さ、モノの大きさ同じに見えません。

日常の中でも、知らずにこんな風にモノをみてるんだろうなと思います。
考えてみると、洋服を選ぶときや組み合わせには痩せて見えるように
選びます。ちゃんと利用しているんですよね。


で、この歌をみていて毎回思うのが「投影」のこと。
今では、すっかりお馴染みになりましたが、
「投影」とは心理学を学んで初めて聞いた言葉でした。


簡単に説明しますと、私たちはモノや人や出来事などあらゆること全て、
自分のフィルターを通して、解釈をつけてみているということ。

フィルターを眼鏡と言い換えてもいいです。
その眼鏡は本当に一人ひとり「違い」ます。
ブルーハーツの『情熱の薔薇』の歌詞のように
「みてきたものや、聞いたこと、今まで覚えた全部」で判断しています。

これ聞いたとき、本当に驚きました。
でも、言われてみるとその通り。

セッションでは、自分にくっつけた?くっついた?ものをみていきます。
私たちがものをみている時点で、真っさらでは無くって
勝手なイメージが既に入っています。
ほとんど、何かしらの情報が入っているといえるでしょう。

その情報をもった目で、あらゆることを外の世界に映し出しみている世界。
それが、私の住んでる世界です。

そんな視点があることを知っていると、自分の世界が一段と
おもしろく広がります。

何かしら、心に痛みを抱えている方はみることをオススメいたします。
苦しみを伴なうということは、何かしら自分に合ってない解釈が走っているのかもしれません。


『情熱の薔薇』のように『でたらめだったら、おもしろい』
と思いませんか?

私も、「なんだよー騙されてたのかよ~」
という思いたくさんありました。(笑)

錯視は視覚で騙され?
投影は見えない世界で騙される?
だれも騙してなどいないので、脳の働きとしてそうなるのでしょう。

投影を学んだことで真実って、自分の中にしかないんだなと思いました。
誰かの真実や正解は自分にとっての正解や真実ではないのです。

自分自身にさえ「投影」が働きます。
深刻になっている時ほど、脳に騙されていますので
おっ、とっ、と、気をつけたいなと思います。

同じ騙されるなら、マジックは最高なんですけどね。










 

鳴子峡・大深沢遊歩道

こんにちは~

当サイトにお越しいただきありがとうございます。

仙台もすっかり夏晴れです。

毎年お盆を過ぎれば、秋風が吹き短い夏を感じます。
今年の残暑は厳しいのでしょうか?
昨夜はお月さまが綺麗でした。

今日はまた日曜にアーシングをしてきたので記録を兼ねて記載します。

場所は宮城県と山形県の境にある中山平温泉も近い鳴子峡です。

毎月一度、温泉水が汲めるガソリンスタンドがあり
そこにポリタンクを持っていきます。
10リットル100円で超お得。
自宅では飲み水、お料理にこのアルカリ水を使います。
癖が無くて美味しいです。
興味ある方は小銭とポリタンクを持参くださいね。

水を汲んだ後、「藤二朗」という美味しいお蕎麦屋さんでランチをしました。
タイミングよく並ばずに入れました。
食べおわってもまだ12時半前でしたので、腹ごなしに歩くことにしました。



「大深沢遊歩道」という道を歩いてきました。
ここは平成20年に新設された道だそうで、鳴子峡の第2駐車場から道路を渡りすぐのところです。
何年も水を汲むたびに通っているのに歩くのは初めてです。

歩き始めると、自転車でも大丈夫なくらい広い道幅です。
緑のアーチを潜り抜け歩きます。
途中ベンチもあります。
出口は鳴子峡の駐車場に出るらしくそこまで50分くらい。

 

適度な傾斜と、途中には渓流がありました。
渓流があるといいですね。
きれいな川の流れ眺め、水の音を聞いているとなんだかほっとします。
知らず知らずに浄化されます。
渓流と緑の木々に癒されました。

蚊に刺されましたがここも、オススメスポットです。

 

体力のない私でも大丈夫。
帰りは紅葉で有名な鳴子峡の高い橋の上から、景色を眺めて終わりにしました。
看板を見ると、別のコースもあるようなので次回また歩きたいと思います。

何度も通っている道なのに、自分の意識がかわると
必要なものをキャッチするようになり本当におもしろいです。
それらは身近にあって、笑えます。

心のことと一緒です。
その人の良いところなんかにも気づいちゃったり。
同じ人なのに、自分の変化に伴い相手も変わったようにみえるのです。

身体も心もリフレッシュ、気分転換になりました。

帰りは「早稲田の湯」をひと風呂浴びて帰宅しました。

東北良いとこ日帰りで、十分楽しめますのでどうぞ足を運んでみてください。