マスクから伝わるエネルギー

こんにちは~

カラダと心をゆるめるセラピスト
UNLEARNのHPにお越しいただきありがとうございます。

今日はありがたいな~と感じた気持ちを書いておきます。

日本国民、いや世界中の人がマスクの使用を要請される日が来るなんて誰が想像したでしょう。
本当に映画の世界が現実化されているようです。

最近では「コンビニでマスク買えた」
「スーパーで買えた」などと耳にするようになりました。
でも、私は目にしてないんだよね~
そんな私のもとに舞い降りたマスクの話をひとつ。

連休前日、接骨院で患者さんから話の流れで
「マスク足りてる?もしよかったら譲りますよ」と。
大切なマスク、その方も使うだろうからと断ったのですが
「遠慮しなくて大丈夫です」という言葉を伺って
「それでは」と譲り受けました。
洗って使い始めていたので、そろそろ買わないとな~と思っていた
矢先大変助かりました。

同じ頃、大阪のKさんからもメールで
難病のお友達が手作りマスクを作っているから送るねと。
そのお友達、毬も手作りされていてそれも同封するからと。

それ以前にも接骨院の奥様、夫の友人からも
マスクを分けていただいております。


皆さん、優しいです。
その優しさに心打たれます。

患者さんが譲ってくれたマスクは46枚で600円。
あれ?ニュースで聞く値段より安くてびっくり。
これが正規の値段らしいのです。
それでも前より100円上がったんだとか。
そんなに安かった?
それさえ今聞くと安すぎるように感じます。
モノの値段ってわかりませんね。

あまりマスクを箱買いしてなかったので、
元々の価格がピンときません。

朝早く並んで購入したよという方もいるのに助かりました。

以前の私だったら、気を使い遠慮したかもしれません。
でも、これもプレゼント。
みなさんからの温かい気持ちです。
遠慮せず、素直に甘えることにしました。

Kさんから届いたマスクも本当にかわいらしく。
ピッタリサイズ。
Kさんと色違い。嬉しいです。
同封の毬のキーホルダーも細やかでカラフルな色使いで
一生懸命、ひと針ひと針作られたかと思うと胸が熱くなります。
パワーが違います。

自分の出来ることをされてて、すごいです。

これが協働という社会の在り方なのでしょう。

こんな風に人と関わるんだよ。
気持ちがいいよね。
と教えられている気がします。

心から、お礼申し上げます。
皆さん、ありがとうございます。

 

優しい気持ちにさせてくれる動画の紹介

こんにちは~

心とカラダをゆるめるセラピスト
UNLEARNのHPにお越しいただきありがとうございます。

今日は私が楽しみにしている動画の紹介をさせてください。
ご存知の方も多いかな?
最近の超お気に入りは~

「Momo Ten KUUももと天空」さんの動画です。
https://youtu.be/RqzsQEp77uc

夫に教えてもらい、ファンになってしまいました。
本当にかわいい。

1匹のわんちゃんと2匹の猫ちゃん。
自然豊かな一軒家に、飼い主のご夫妻と5人?
で仲良く楽しそうに住んでいる様子をみせてくれています。

モモちゃん・天ちゃん・空ちゃんを捉える
カメラの視点がとても愛情たっぷりで
癒されます。
どの子も特徴があって、笑いを誘います。
カメラを回している奥さんが、
編集で入れる3匹のセリフが可笑しいのです。
本当にそう思っているように感じられます。
テレパシーですね。

愛情が感じられて、3匹は人間のきょうだいみたい。
旦那さんも奥さんも、人柄が伝わってきます。
勝手にイメージしてるだけだけど。

間に挟む、自然の風景がこれまたいいのです。

時間をかけて編集されているようです。
毎回新しい動画のUPが楽しみ。


インスタもされております。
こちらはリアルタイムでUPされています。

お会いしたこともない家族だけど、勝手に親近感湧いてます。

身近にある幸せに気づかせてくれて、
動画をみながらうちの子たちもナデナデしちゃいます。

心がリセットされる動画ですのでご覧ください。

私はついついこの方の他の動画もみてしまい、時間が経ってる~
危険です。

では、またおもしろいのがあれば紹介させて下さい。







自分で決めるということ

こんにちは。

UNLEARNのHPにお越しいただきありがとうございます。

今日は雨模様肌寒い仙台です。

本日はOAD心理セラピスト養成講座の課題図書でもありました
エックハルト・トールさんの『ニューアース』を読みなおして、
感じたこと書いてみます。
この本を読むのはもう、5・6回目くらいです。

エックハルトさんの本との出会いは、
アトピーがひどいころ通院していた「丸山アレルギークリニック」の
待合室の本棚でした。

書いている内容に引き込まれ、それからのお付き合いです。
読むたびに理解が深まります。
エックハルトさんが書いていることは、どこから情報を降ろしてきたんだろう?と思って読んでしまいます。
神様?創造主?
そう思える、内容なのです。

本日は、第一章の「変容の緊急性」から感じたことを述べます。

このページでは今まさに新型コロナに脅かされている
人類の状況にあてはまる文章が書かれてありました。


要約すると

『私たちは自分を思考するもの・感情を感じるもの・知覚しているもの
と捉えているが本質の自分とはそれらをみている方。
それは思考よりもはるかに高い場所・広い次元にいる。

エゴとは「形」(思考・信念なども)への自分の同一化にすぎない。

エゴとは分離・分裂がベースになっていて、
それが思考や言葉・行動の底流にある。
でも、本質のわたしたちは「すべての他者や生命の源」とつながっている。

エゴが強いと全体とつながれない。
人はいつまで同じ世界・同じ悪・同じ機能不全を繰り返し創造するんだ。
今、人間の心の構造の変化が必要なんだ。』

というような内容でした。

いつまでもエゴまみれになっていないで、
全体のいのちとつながる意識に目覚めようということでしょう。

詳しいことは、ぜひ本を読んでください。
おすすめ良書です。

ここから私の話をします。
新型コロナ感染症予防対策で、
ある方から勤務についてのお話を伺いました。
ご自身はリモートワークできない社員の方からの相談を受けるけれど、
判断に非常に迷うそうです。
その社員の方たちの不安な気持ちもわかるけれど、
解決策や見通しがないため話が堂々巡りになりストレスがたまるそう。

人類にとって初めてのケース。
誰も、正解はわからないのです。
そもそも、自分にとっての正解しかないのでは。

拡大感染を抑止するため
仙台でも不要な外出は避けるよう声がかかりました。

人の三大欲求は食べる、寝る、排泄です。
ここを踏まえて、最低限保たれていれば
私たちの不安の度合いも少ないはずです。

命に関わる仕事と言えば、代表的になるのは医療従事者や
介護関係にお勤めの方など。
食べることは欠かせませんので、食品関連のお店など。
ここにも生産者さんから物流まで関わっております。

その中には、レジ打ちのパートの方もいるでしょう。

ゴミ収集車も来ていただかないと困ります。

それ以上に、私の知らないところで多くの仕事が動いていて
そこで働く方々がいるのだと思います。

接骨院の患者さんも、多くの職種の方がおられます。

こんな時、個の意識で働くのか。
全体の意識として働くのかで変わってくると思います。

こんな緊急事態になればレジのお仕事も、
「いのち」に関わるみんなのためになります。

ある人にとっては、お金のためかもしれません。
それも、命を守るための手段の一つです。
お金が無ければ、何も買えませんから。


今回の状況を通じて
自分は何を大切にどうするか、どうありたいのか覚悟を決め行動する
必要があると思います。
誰かのせいにしたり、支持を待つということもあり。
でも、自分はそれを選択したんだという意識は大切なのではないでしょうか?

私の父は、大工さんでその日働かなければお金は入りませんでした。
それが当たり前。母はよくお金の心配をしていました。
自分はバイトもしたしOL勤めもしました。
会社にいると守ってもらえるのが当たり前になっていました。

この機会に、私たちは守られているのが当たり前になっている
意識から目を覚ます必要があるのではないのかな。

誰かに、自分の不安をぶつけていませんか?

セッションでは事実と解釈に分けて、
自分の不安の中味をみていきます。



人は必ず死にます。
生きることは選択の連続です。

最後の最後まで、自分の心の声に従って生きたいと思う今日この頃です。

偉そうなこといいましたが、セッションを通じて私も自分を取り戻せました。
人にパワーを明け渡してはいないでしょうか?

ご興味あれば、お声掛けください。








のんびりと過ごしております

こんにちは~

心とカラダをゆるめるセラピスト
UNLEARNのHPにお越しいただきありがとうございます。

新型コロナの影響で、私の勤め先の接骨院も
患者さまの来院がかなり減りました。

昨夜も早く帰宅しました。
車で通勤しておりますが、車の数が少ないです。
みなさん、早くおうちに帰ってるのかな~

私の父は大工だったので、子どもの頃は日が沈む前に
帰ってきて家族揃って夕飯を食べました。
それが当たり前の生活でした。

今は夫と平日の夜に一緒にご飯を食べることはほとんどありません。
週末だけです。
私の勤務時間も関係しておりますが、患者さんたちご家庭の話を伺っても
子どもたちは部活だ塾だ、バイトだ。親は残業だと。
一緒に夕飯は少ないみたいです。
そういう時代だと言えば仕方のないことなのかもしれません。

でも私、日本人は働きすぎだと思います。
震災のときはお店の営業時間短かったけど、
差しさわりありませんでした。
コンビニも24時間も空いてる必要があるのかな?
私は夜は働くの無理だな~
命を預かるお仕事はやもうえないと思うのですが。
コンビニでお勤めの方も患者さんにはいらっしゃいます。
深夜あけで来てくれますが、自律神経が乱れている様子。
これを機に無駄なこと見直されるといいです。
人はロボットじゃないし、沢山稼がないとという思考はエゴの欲望の声。
それに振り回されて人がおかしくなってはいけないと思います。

そうは言っても、きれいごとでは済まないのかな。
深夜も関係なく働いて下さっている方にも感謝です。

みんなで休めば怖くない。
家族揃って夕飯くらい、いいですよね。
今だけでも、昭和ののんびりとした時間に戻った気がします。

悪いことばかりではありませんね。

そんなこと思った、帰り道でした。

プラトンさん

こんにちは。

心とカラダをゆるめるセラピスト
UNLEARNのHPにお越しいただきありがとうございます。

桜舞い散る仙台です。

少し前に、イデアについて書きましたが
プラトンの「イデア論」というのがあったんですね。
知りませんでした。

わかりやすい動画をリンクさせていただきます。

とても参考になります。

投影の話がでてきて、驚きました。
プラトンさんの時代、大昔からあったんですね。
昔の人のほうが、この「無」の感覚とか強かったのかしら。
もうこの時代に、この真理が暴かれていたとは。
時代を超えても変わらないものがここにもありました。


心理セラピストとしても、
心躍る内容ですので是非ご覧ください。

シェアしたいサイト

こんにちは~

心とカラダをゆるめるセラピスト
UNLEARNのHPにお越しいただきありがとうございます。

私は毎日楽しみに読んでいるサイトがいくつかあります。
今日はその中で3つリンクを貼らせていただきますね。


今日も朝からその記事を読んでなんか気分いいです。

もしよかったら読んで見てください。
心がゆるみます。

私の活力源。
こういうのも、私のリソースに入ります。
心から、感謝です。


①「ほぼ日」で糸井さんが書いている文章です。

今朝の山元加津子さんのメルマガでも紹介がありました。
ユーモラスな文章で笑えます。
『糸井重里さんが毎日書くエッセイのようなもの・
今日のダーリン』

⁂ごめんなさい⁂
4月7日の記事がとても面白かったのですが、
一日経つと消えちゃうんですね。
知りませんでした。



②写真家・野村哲也さん
こちらもかっこちゃんのお友達です。
4月8日ブログ記事

スーパームーンの写真が、太陽みたいで驚きます。
月と太陽って似ているんですね。

ホロスコープ(星占いのもっと専門的なもの)の講座を学んだ時
自分の太陽と月の星座があることを初めて知りました。
私がうじうじしてた頃って自分の太陽の星座の性質が隠れ気味で、
月の星座の性質が表立っていたように感じました。


見えない天体の中には、こういう動きがあったのかと感心しました。
ホロスコープ、奥深くておもしろいですね。


月も太陽も見た目は同じ。
太陽の周りには熱を帯びたコロナ?があるかないかですものね。

新しい発見です。
力強い写真ですね。

以前は、カメラはシャッターを押すだけで
誰が撮ってもそんなに違いは無いように思っていたのですが
違うものですね。
撮影する方のエネルギーや意思って現れるものです。

 


③番目の最後は、
『まめきちまめこニートの日常』です。
とにかく、笑える。
まめこさんの視点が、何とも言えません。
広告がうるさいのですが、
まめこさんの収入になっているのでしょう。
無料で楽しませていただいてますので我慢です。

夫に教えてもらってから欠かさず読んでます。
なんか好きです。
今日の記事も最高です。

はい、こんな感じです。
みなさんいいですね。

本当にありがとうございます。

 

4月8日さくら満開

こんにちは~

心とカラダをゆるめるセラピスト
UNLEARNのHPにお越しいただきありがとうございます。

4月8日はお釈迦様の誕生日。
さくら満開の仙台です。

昨夜はお月さまがきれいだな~と思っていたら
スーパームーンだったんですね。

そうかと思えば今夜の夜空は、ものすごい雷でした。
稲妻と音と雨でとても怖かったです。

桜も散ったかもしれません。

地震・雷・火事・親父と言いますが、
私は雷がとても苦手です。
大人になった今は車で移動できるけれど、
子どもの頃は歩いたり自転車が多かったので家に辿り着くまで
落ちたらどうしようと命がけだった記憶があります。

雷が落ちたら死ぬかもしれないという恐怖は
なぜか強くあります。

雷の怖さ、月の美しさ、桜の美しさ、
自然現象にはいつも、五感がフルになります。


接骨院は昨日辺りから新型コロナの影響で、
ガタンと患者さんが減りました。

患者さんの中には、痛みがあるので行きたいけれど
仕事柄感染している可能性があるので控えますと
連絡を下さる方もおられました。

万が一うつして、人に迷惑をかけてはいけないという
日本人の集合意識を感じます。
今は、世界全体がそういう雰囲気ですが
日本人は特に強いのではないでしょうか。



みんなで協力して、終息を願います。


ここ2,3日前から簡単なストレッチ始めました。


心理セッションでもカラダの感覚を大切にします。

カラダは神・宇宙呼び名は自由ですが「大いなる何か」が授けたもの。
人がどんなに似たものを作れても、同じものは出来ないでしょう。

カラダは宇宙と繋がるツール。

潜在意識に入りやすくなります。


頭(思考)は嘘をついたり自分を騙したりもできるけれど、
カラダの感覚は正直です。
この感覚を意識することは、「大いなる何か」からのメッセージ
を受け取っていることと同じじゃないかなと思うのです。

それに身体で感じていることを意識するのは
自分と対話しやすいです。

今、この辺モヤモヤするね。
痛いねって。


こんな非常事態にも、対処療法ではありますが
カラダで感じている不安や怖れをタッピングするだけでも
落ち着いていきます。

エネルギーを循環をさせましょう。
新型コロナ対策も空気の喚起が大事ですものね。

心も身体も循環が大切。

職場でみんなでやるのも本当にいいです。

いつの日か日本も仕事始めに、
タッピングする職場があるかな。
心の痛みを軽減できるツールがあること
知ってほしいです。







イデア

こんにちは~

心とカラダをゆるめるセラピスト
UNLEARNのHPにお越しいただきありがとうございます。

昨日のさとうみつろうさんのブログを読んでいて
「イデア」と「アイディア」という言葉が
気になりましたので
自分の思考整理のために書いておきます。

詳しく調べていけばまた違う解釈があると思います。

イデアをWikipediaで検索してみると

語源[編集]

「イデア」という言葉は「見る」という意味動詞「idein」に由来していて、もともとは「見られるもの」のこと、つまりものの「姿」や「形」を意味している[1]

と説明されており
下へスクロールしていくと

プラトンは次のように説明する。

我々の魂は、かつて天上の世界にいてイデアだけを見て暮らしていたのだが、その汚れのために地上の世界に追放され、肉体(ソーマ)という牢獄(セーマ)に押し込められてしまった。そして、この地上へ降りる途中で、忘却(レテ)の河を渡ったため、以前は見ていたイデアをほとんど忘れてしまった。だが、この世界でイデアの模像である個物を見ると、その忘れてしまっていたイデアをおぼろげながらに思い出す。このように我々が眼を外界ではなく魂の内面へと向けなおし、かつて見ていたイデアを想起するとき、我々はものごとをその原型に即して、真に認識することになる[5]


とありました。
なるほど。
おもしろいお話です。

ちょっと違う話ですが、
インテグレイテッド心理学の中で
個の私が本質のわたしではないという話を初めて聞いたとき
びっくりしたことを思い出します。

表現がそれぞれ違いますがノンジュアリティや仏教でも
「気づいている意識が本質のわたし」であると言われています。

興味のある方は、グーグル先生でお調べ下さいね。


よくアイデアという言葉は耳にしますが、
イデアにアイ = I を足したものがアイデア
そもそもアイディアはインスピレーション。
それは創造主の視点からくるものなんですね。

イデアとは大いなる創造主から個に降ってくるもの?
そう、解釈しちゃえます。

表現は色々ですが、本質のわたしたちは
創造主や宇宙、大いなる存在と
つながっているという考え。
もしかしたら、私たちはそれらそのもの。


そもそもわたしたちは個の私ではなく、
それらに気づいている方。

個の私の感情や集合的な無意識から目覚めた意識が、
本質のわたしに還ると言われます。

自分の内側をみるということは、
いくつもの思い込みがあったことに気づかされ
「こうあるべき」や「感情」がでてきます。

いつも幻想を大事に捉えて離せないでいた
私がいることを知るのです。

私だと捉えているものが、薄くなっていくと本来持っている
創造性の部分が大きく顔をだすのでしょう。


この何にもないゼロの気づきの視点があることで
世界を広くみることができます。

私は、そこがおもしろくて好きです。


本当にこの世界は未知に溢れています。


最近やっと、自分自身にさえ投影
(自分の見てきたものや聞いたことを通じ、
外の世界に写し出し捉えていること)
が走っているということが腑に落ちて。

これも投影かと思うとなんだか、おかしく思えます。

まだ、道の途中ですがこの世界は投影だらけ(笑)
鏡の世界なんですね。


先月までかなりマニアックな「だるま学校」でゆにこさんに、
集中的に投影のことや色々な視点があることを
教えていただきました。

ゆにこさんはYouTubeの配信もしているので、
ご興味あればのぞいてみてくださいね。
超マニアック(笑)


外の出来事に振り回されている私もあり。
まだまだ知らない自分もいつつ。

わたしの創造性って何だろう?とアンテナをはって
日々過ごしてみたいとおもいます。








『ただ、ありがとう』

こんにちは~

心とカラダをゆるめるセラピスト
UNLEARNのHPにお越しいただきありがとうございます。

本日は肌寒い仙台です。
昨日辺りから、通勤途中の桜の樹にピンクの花びらが見え始めました。
今週末にはお花見も期待できるかな。

今日から新年度。
猫のぐりが家へ初めて来た日でもあります。

新型コロナウィルスに、自分自身の在り方を問われる日々ですが、
自分にできることは行い、地震同様ある程度の備えも準備して
終息を願うばかりです。
不安な気持ちが現れたら現れたで、それも自然なこと。
心のケアも忘れずに。

そんな時は体の感覚に意識を向けて、
不安な気持ちにトントンしてあげましょう。

大丈夫。

きっとこれも悪いことばかりでなく、
山元加津子さんがよく言う『いつかのいい日につながっている』
のだと私は思います。


志村けんさんのことは、本当に悲しくて残念な知らせでした。
笑って、また会えると思ってました。

ある患者さんは「親戚の伯父さんが亡くなったみたいだ」と言っていて、
本当にそうですね。

子どもの頃、土曜の夜の『8時だヨ!全員集合』がとても楽しみでした。
家族みんなで観てました。
最近では『天才!志村どうぶつ園』をみていました。
70歳の今まで、現役を貫き通しずっと私たちを笑わせ続け
温かい気持ちにさせてくれたこと本当に感謝です。

最後、流行りの病にかかりコメディアンとして、
人の記憶に残るある意味おいしい亡くなり方かもしれません。
「志村けん」さんが最後まで命をもって教えてくれたこと
受け止めたいと思います。

地球上に住んでる人みんなで力を合わせて、
向き合っていく必要があることを意識させられます。

ありがとうございます。


人の死は悲しく、肉体が無くなって直接話すことはできないけれど
こうして記憶に残り見えないエネルギーにチャージされ循環されるんですね。

死は「師」なのかもしれません。
生きてる私たちに、何かを伝え残して逝きます。

死なない人はいません。
死は自然なこと。
風が吹いている。
花が咲き、散っていく。
雲が流れていく。
星が光る。
太陽が昇り沈むように当たり前なこと。

亡くなっても、無くなってはいません。
みえないけれど、有ります。

志村さん始め、私と出会って先に逝ってしまった大切な人たちに
『ただ、ありがとう』って伝えたいです。


MONKEY MAJIKの
『ただ、ありがとう』

ぜひ、聴いてみてください。












 

 

インフィニティ

心とカラダをゆるめるセラピスト
UNLEARNのHPにお越しいただきありがとうございます。

本日の仙台は、部屋の中より外の方が暖かいです。
もうそこまで春はきているんですね。

今日はインフィニティ ∞ について書いてみます。
「さとうみつろう」さんも本日のブログに太陽の
動きについて興味深い記事をかいておられました。
ぜひのぞいてみて下さい。

みつろうさんの記事によると、
太陽も「アナレンマ」インフィニティの動きが働いているのですね。
宇宙の神秘、おもしろいです。


私のインフィニティについての気づきは
自分を観測していくセッションやセルフワークから。

こちらの観測からは、自分が辛い時苦しい時は大半が、
人や物事をジャジしていて苦しみを生んでいます。

私が正しくて、あなたが悪い。
どうしてわかってくれないのみたいな。
どこかで負けてなるものかの精神が働きます。
これを繰り返すパターンの連続。
自我は自分が一番かわいいですからね。

でも、ある時から良い悪いもなくて
物事には、視点があってそれをその時点でどう捉えているか
だけなんだということに気づきます。

その出来事にはどちらかに分けられない側面があります。
そこをちゃんとみていくと、感情や信念が待ち構えています。
大概、感情が癒されたときそれを受け入れる余裕が生まれます。

例えば、ある人を嫌いだとしても、その人にだっていい面と悪い面があります。
その役割やシーンによってそれは変わります。
ひとつの視点で捉えるのは危険。

松岡修三さんが先日、テレビで本人曰く家族受けは悪いそうです。
視聴者のみんなをだましていると息子さんが言うそうです。
私たちが修三さんに抱いている思いとは違うようで笑えました。

エニアグラムという性格を大まかに9つにわけてみる診断があります。
簡易的なテストはネットでもできます。
これをやってみると、
絶対にパーフェクトな性格などないのです。
何かしらの良い面悪い面があげられ、こちらに偏りがちな時は
このタイプを意識してみましょうなどアドバイスがあります。

完璧などないことがわかります。


まぁ今まで、色んなことを対立させ『VS』という見方で捉えてきましたが
これからは『∞』の見方を採用したいと思っております。
永遠を表すインフィニティ『 ∞ 』

でも、同じところはグルグルしていません。
立体的で螺旋を描いて前進しているイメージです。


らせん状にお互いを捉えながら、交わり
自身に取り入れて変化変容していくのです。
悪いところも良いところも必ず気づきや学びがあります。

そんな風に、人、モノ、ことと関りあいたいと思う今日この頃です。


穏やかに、自分の心と対話したい方はセッションをオススメします。
ぜひ、ご連絡下さい。